クリミナルマインド シーズン3のメインキャスト

【エピソード3・メインキャスト】

○デーヴィッド・ロッシ(ジョー・マンテーニャ) 第6話から
○ジェイソン・ギデオン(マンディ・パティンキン)第2話まで
○アーロン・ホッチナー(トーマス・ギブソン)
○エミリー・プレンティス(パジェット・ブリュースター)
○デレク・モーガン(シェーマ・ムーア)
○Dr.スペンサー・リード(マシュー・グレイ・ギュブラー)
○ジェニファー・ジェラウ(A.J.クック)
○ペネロープ・ガルシア(クリスティン・ヴァンガスネス)

 

 

クリミナル・マインド シーズン3は、全20話と、他のシーズンと比べて少なめです。

 

 

といってもギデオンが去り、代わりにロッシが登場するというこのシーズン。
そしてガルシアに生命の危機が?!

 

やっぱり見逃せません。
全エピソードをあらすじにまとめてみました!

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

シーズン3 あらすじ一覧

カッコ内の数字は、通算のエピソード数です。

 

1(46)

「ギデオンの決意」"Doubt"

アリゾナ州フラッグスタッフにある小さな大学で、ブルネットの女子大学生が狙われ、4日間で3人殺害されるという連続殺人事件が発生。捜査協力をすることになったBAUメンバーだが、やがてブルネットの女子学生を車に乗せた男がプロファイリングに一致、拘束する。しかし男を拘束中に新たな殺人事件が発生したため、メンバーたちは、この男は事件とは無関係なのではないかと疑問を持ち始める。一方ギデオンは今後についてある決意をする。


⇒このエピソードのあらすじと感想はこちら

2(47)

「BAUの危機」"In Name and Blood"
ギデオンと連絡が取れず、さらにストラウスに移動を願い出たホッチナーと、ストラウスからのオファーを受け、戸惑うプレンティスが抜けた状態のBAUに、ある殺人事件の捜査要請が舞い込む。ミルウォーキーで、4人の30代女性が公共の場で誘拐され、2日後に心臓を繰り抜かれた状態で発見されていた。捜査に乗り出すモーガンたちだったが、思うように捜査が進まない。そんな時事件の資料を見たホッチナーから連絡があり、見解を述べる。
⇒このエピソードのあらすじと感想はこちら

3(48)

「おびえて眠れ」 "Scared to Death"
オレゴン州ワイルドウッド・トレールという全長60キロの自然道から、死後半年ほど経っている遺体が複数発見された。FBIポートランド支局から捜査協力を依頼されたBAUは、捜査に乗り出す。犯人の殺害方法は被害者によって変わり、被害者はみなポートランドに住んで間もなく、社会的なネットワークが薄かった。プロファイリングが進む中、新たな事件が発生する。今度の被害者は、川で溺死させられていた。
⇒このエピソードのあらすじと感想はこちら

4(49)

「暗闇の子供たち」"Children of the Dark"
デンバーの閑静な住宅街で、一家惨殺事件が連続して3件発生する。被害者の両親は惨殺され、子供は鎮静剤を対象に注射させられて殺害されていた。この事件は2人組による犯行と推理したホッチたちは、そのうちの一人、両親を殺害した犯人は、支配的で劣悪な家庭環境で育ち、里親などから虐待を受けていた可能性があると見る。
⇒このエピソードのあらすじと感想はこちら

5(50)

「空白の7秒」"Seven Seconds"
ヴァージニア州にある大型ショッピングモール「ポトマックミルズ」で、6歳の女の子が家族と買い物中に行方不明になってしまった。このモールでは、1週間前に同年代の少女が誘拐され3日後に惨殺されるという事件が起きており、早急の発見が望まれた。女の子と最後に一緒にいた13歳の従兄は、ストレスで女の子が姿を消した当時の記憶があいまいになっていた。
⇒このエピソードのあらすじと感想はこちら

6(51)

「伝説のプロファイラー」"About Face"
伝説のプロファイラーで、10年前にBAUを引退したデビッド・ロッシの、復帰したいという申し出に驚きながらも、承諾したストラウス。かつての師であるロッシを、ホッチは受け入れた。そんな時、ダラスで発生した、女性誘拐殺人事件の捜査協力の依頼がきた。被害者の女性の部屋には、行方不明者を探す彼女の写真が載ったチラシが大量に貼られていた。そして今度はある女性が、自分の写真が載っている行方不明者のチラシを見つけ、恐怖におののいていた。
⇒このエピソードのあらすじと感想はこちら

7(52)

「地上の王国」"Identity"
BAUはモンタナ州グレートフォールズで相次いで起こった、3人の女性誘拐殺人事件の捜査を始める。4人目の女性が姿を消した時、被害者の車を運転していた男を捜査中の警察が発見するが、男は手榴弾で自殺してしまう。女性の行方を探すBAUだが、やがて自殺した男のパートナーと見られる男が捜査線上に浮かぶ。
⇒このエピソードのあらすじと感想はこちら

8(53)

「悪魔の囁き」"Lucky"
2部構成のうちの前半エピソード。フロリダのブリッジウォーターで発生した、カニバリスティックな惨殺事件の捜査するホッチナーたちだったが、犯人をプロファイリングしたロッシは、犯人次の犯行を示唆する。

一方ガルシアはある男性と知り合い、デートの約束をする。夢の様な時間を過ごしたガルシアのデートは、別れ際で悪夢に変わった…


⇒このエピソードのあらすじと感想はこちら

9(54)

「ペネロープ」"Penelope"
2部構成のうちの後半エピソード。弾が胸から腹に抜けるという重傷を負い、病院に運び込まれるガルシア。ガルシアを撃った犯人を全力で探すホッチナーたちだったが、現場には犯人の手がかりとなるものが何一つ残されていなかった。ガルシアの犯人発見のため、彼女のコンピュータを調べに来たテクニカル分析官のケヴィンは、ガルシアのコンピュータ内にセキュリティロックがかかったファイルを発見する。
⇒このエピソードのあらすじと感想はこちら

10(55)

「ダーク・ヒーロー」"True Night"
BAUとロサンゼルス市警は、現地で起きているストリートギャング連続惨殺事件の捜査にあたっていた。犯人に関する情報を集めるため、プロファイリングした犯人の特徴を公開するが、容疑者として逮捕されたのは、ある人気コミック作家だった…
⇒このエピソードのあらすじと感想はこちら

11(56)

「父の記憶」"Birthright"
ヴァージニア州フレデリックスバーグで、3人の女性が誘拐され、殺される、バラバラ殺人事件が発生した。地元保安官からの捜査依頼を受け、捜査に乗り出すホッチナーたちだったが被害者の拷問痕や犯行の手口から、27年前に起きた未解決事件と酷似していることを発見する。
⇒このエピソードのあらすじと感想はこちら

12(57)

「父の過去、娘の秘密」"3rd Life"
カリフォルニア州チュラビスタで少女の遺体が発見された。この遺体は、18時間前に失踪したケイティと、親友のリンジーのどちらかと見られたが、遺体は顔と手が潰されていたため、どちらか判別することはできなかった。犯人が次の犯行を犯す前に捕まえようと全力を尽くすホッチナーたちだったが、今度は10代の少年の遺体が発見される。
⇒このエピソードのあらすじと感想はこちら

13(58)

「野心の果て」"Limelight"
フィラデルフィアにある貸倉庫がオークションに出され、落札者が中に置いてあった物のから、拷問殺人に関する詳細なメモを見つけた。FBIフィラデルフィア支局が事件を担当することになり、ロッシに捜査協力の依頼が来た。事件性があるかどうか、リードとともにフィラデルフィアでプロファイリングをするロッシだが、ブロンドの毛髪が発見されたことを知り、事件性の可能性を確信する。残りのBAUメンバーも現地に到着、本格的な捜査が始まった。
⇒このエピソードのあらすじと感想はこちら

14(59)

「20年目の決着」"Damaged"
ロッシには密かに追いかけていた未解決事件があった。その事件は、インディアナポリスにあるある家で夫婦が惨殺され、3人の子供が遺児として残されたという事件。事件発生から20年が経ち、なんの進展もないことに業を煮やしたロッシは、関連ファイルを持ち出すと、姿を消した。一方ホッチナーとリードは、コネチカット州刑務所に監修されている死刑囚と面会する。
⇒このエピソードのあらすじと感想はこちら

15(60)

「死の天使」"A Higher Power"
ペンシルベニア州ピッツバーグで、3ヶ月間に5人の自殺者が出た。自殺者は皆、ダンスパーティー会場火災で死亡した、少年少女の親という共通点を持っていた。自殺ではなく他殺ではないかという疑問を持ったロニー刑事は、BAUに捜査協力を依頼する。5人の自殺に事件性を感じたBAUメンバーは、現場に向かう。


⇒このエピソードのあらすじと感想はこちら

16(61)

「トラウマ」 "Elephant's Memory"
テキサス州にある小さな町、ウェストビューンで民家が爆発、現場に駆けつけた保安官2人も銃殺されてしまうという事件が発生する。民家からは住民と見られる父娘の遺体が発見された。殺害方法からテロリストによる犯行と見られたが、現場を検証したホッチナーたちは、怨恨による殺人事件との見方を強めた。やがて、殺害された保安官のうちの1人の息子が、民家から発見された娘と交際していたことがわかった。


⇒このエピソードのあらすじと感想はこちら

17(62)

「灼熱の街」"In Heat"
マイアミで2ヶ月間で3人が殺害され、被害者と思われる4名の行方不明者いた。被害者は皆男性旅行者で、殺害方法は窒息死、息された場所は比較的人通りの多い場所だった。シリアルキラーによる犯行と見て、捜査が開始される。一方JJのある秘密が明らかになる…


⇒このエピソードのあらすじと感想はこちら

18(63)

「忍び寄るストーカー」"The Crossing"
弁護士のケリーはFBIを訪ね、ストーカーが誰なのか突き止めて欲しいと懇願する。ケリーの話によれば、2年前からストーカーに悩まされており、住所を変え平穏に暮らしていたが、再びストーカーからの手紙が届くようになったという。ケリーのストーカー探しをすることになったモーガン、プレンティス、リード、JJ。一方ホッチナーとロッシは、起こったバタードウーマン症候群殺人事件の相談役としてボストンに向かった。
⇒このエピソードのあらすじと感想はこちら

19(64)

「記憶を失くした殺人犯」"Tabula Rasa"
ヴァージニア州ロアノークで2004年に起きた連続殺人事件の犯人が、昏睡状態から目を覚ました。事件の裁判が再開されるが、犯人は4年前の記憶を失っており、目撃者はすでに他界していた。ホッチナーたちは脳波指紋を使って有罪の決め手を探ろうとするが…
⇒このエピソードのあらすじと感想はこちら

20(65)

「ニューヨークに潜む罠」"Lo-Fi"
FBIニューヨーク支局のSSAケイトから、ホッチナーに発生中の連続殺人事件について捜査協力の要請が来た。犯人は地下鉄や街頭といったパブリックスペースでランダムに被害者を選び、突然銃を発泡し射殺していた。2週間ですでに5名が被害者になった。監視カメラで人物は特定できないうえ、目撃証言がバラバラで、単独犯なのか、それともグループ版なのか、それさえも特定できない状態だった。そんな時、6件目の殺人事件が発生してしまう。
⇒このエピソードのあらすじと感想はこちら

参考 Criminal minds Wiki

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

シーズン3を駆け足で知ろう!

第2話「BAUの危機」で、ギデオンはBAUを去ります。

 

ギデオンは、BAUを去るにあたって手紙を書いていたのですが、それはスペンサー宛のものでした。

 

 

BAUの危機だけではなく、ホッチは「家庭の危機」にも直面していました。

 

第3話「おびえて眠れ」で、ヘイリーがジャックを連れて出ていってしまったことがわかります。

 

ヘイリーに帰ってきてもらいたいホッチですが、ヘイリーはその気がなさそうなのが悲しいです。

 

 

生命の危機に直面したのはガルシア。

 

パソコンを直したことがきっかけで、デートをするようになったガルシアとコルビー。

 

実はコルビーは、ガルシアの命を狙うため、わざと急接近してきたのです。

 

第8話「悪魔の囁き」の終盤で、ガルシアはコルビーに撃たれてしまいます。

 

生死の境をさまよいますが、無事に意識を取り戻すガルシア。
しかしコルビーはまだあきらめていなくて、次のエピソード「ペネロープ」でもガルシアの命を狙ってきます。

 

ガルシアは再び命の危険にさらされますが、寸出のところでJJがコルビーを撃って阻止。
事件は解決しました。

 

 

ギデオンが去った後、BAUに加わったのがデヴィッド・ロッシ。
ロッシが初登場するのは、第6話「伝説のプロファイラー」です。

 

ロッシは、20年前に発生した未解決事件が気にかかっていましたが、それがBAU復帰のきっかけになりました。

 

その事件に決着をつけることができたのは、第14話「20年目の決着」です。

 

 

「危機」が多かったシーズン3ですが、危機を乗り越えてハッピーエンドになった話題もあります。

 

それは、JJとラモンテーンJr.刑事。
シーズン2「ニューオーリンズの切り裂きジャック」で、初めて会ってから、いつの間にやら交際が始まったようです。

 

シーズン3では、第17話「灼熱の街」で、2人は一緒に仕事をすることになります。

 

でも、BAUメンバーに知られたくないJJの、ラモンテーンJr.刑事に対する態度はぎこちなく、一時2人は険悪な状況に陥ってしまうんですね。

 

 

最後はエミリーの言葉で誤解が解け、2人は元の鞘におさまります。
そして、第18話「忍び寄るストーカー」では、妊娠がわかり、ラモンテーンJr.に報告します。

 

 

シーズン3の最終話は、シーズン4に続くクリフハンガー。

 

ニューヨークで発生している連続殺人事件は、やがてテロリストによるものと判明していきますが、最後はBAUメンバーの車の1台が爆発してエピソードは終わります(ニューヨークに潜む罠)。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

シーズン3世莉のベストエピソード3

第2話「BAUの危機(In Name And Blood)」

ギデオン大好きだったので、シーズン3は、このエピソード以上にすきなものはありません!

 

特に好きなのは、最後。

 

スペンサーがギデオンの手紙を読むところから、ギデオンが、ダイナーのウエイトレスと会話を交わすまでのシーンが、むちゃくちゃ好きです。

 

この場面を見ていたら、スペンサーとギデオンの関係や、ギデオンのプロファイリングぶりが、走馬灯のように駆け巡りました。

 

ああ~、ギデオン(涙)となること間違いないですね~。

 

 

絶対に見逃してほしくないエピソード、絶対に見てほしい!

 

 

第14話「20年目の決着(Damaged)」

ロッシのすべて、とまではいきませんが、過去の仕事やちょっと短気な性格が垣間見れるのが貴重なエピソード。

 

ロッシがずかずかガルシアの自宅に上がり込むシーンも好きですが(笑)

 

 

このエピソードも最後がよかった!

 

ロッシの執念が20年の歳月を経て実を結んだ。

 

よかった、本当によかった、と、そういう気持ちでいっぱいになります。

 

 

第8話「悪魔の囁き(Lucky)」

カニバリズムという、エグいないようなのですが、この犯人のキャラが強烈過ぎて忘れられません><

 

運に恵まれて犯行を重ねる犯人。

 

被害者の捜索活動にボランティアとして参加、振る舞ったシチューには…
と、神父に心理的ダメージを与える犯人。

 

 

おぞましく、ふてぶてしいヤなやつなのですが、このグロさは、ラスボス系シリアルキラーでもおかしくないほど。

 

「クリマイ史上印象に残った犯人ベスト10は?」と聞かれたら、間違いなくこの犯人もその一人に数えますね~。

 

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事も読まれています。