ギデオンは、何を決意したか?

プロファイラーという仕事に疑問を持ち始めたギデオンが何かを決意?!

 

ちょっと事件の犯人よりも気になるよ~><

 

 

そして、ストラウスにホッチを更迭させるきっかけを作ってしまった事件の結末とは?!

 

 

珍しくエピソードに格言は出てこないけど、あらすじのネタバレします!

 

クリミナル・マインドシーズン3 第1話「ギデオンの決意(Doubt)」のあらすじと感想です。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

「ギデオンの決意」のあらすじ

 

※はじめに
結末を言わないと次に続かないので、いつもよりネタバレしますので、ご了承くださいね。

 

 

それでは、あらすじスタート。

 

 

アリゾナ州フラッグスタッフにある小さな大学のキャンパス内で、4日間で3人の女子大学生が殺害されるという連続殺人事件が発生した。

 

被害者の髪の毛はいずれもブルネットで、心臓を一突きに刺されて殺されていた。

 

他にも刺し傷が無数にあったが、防御創はなかった。

 

 

さらに遺体は発見当時、胸の前で両手を交差している状態だった。

 

 

  • 照明が明るい場所で事件が発生している
  • 警官の警戒が強化されたキャンパス内で発生している

ことなどから、犯人はキャンパス内の人間と見られた。

 

 

 

ホッチナーたちは大まかに犯人をプロファイリングする。

 

  • 犯人は警備の強いキャンパス内でも怪しまれずの行動できる立場にいる男性。
  • ブルネットの被害者ばかり、しかも被害者を過剰に刺していることから、恋人や妻など、ブルネット女性とのかかわり合いがありストレッサーになるような原因になった。
  • 被害者を殺害した後、自責の念に駆られているのは、被害者が自分に信頼をおいているから。
  • つまり、教授やアシスタントなど、学校で働いている人物。

 

 

 

 

プレンティスが被害者には抵抗した形跡が見られないと言うと、一人の刑事が、テーザー銃ではじめに襲われた可能性があることを指摘する。
さらに、セキュリティガードマンは、テーザー銃を携帯してるという情報を得た。

 

 

 

ガルシアが大学で働くセキュリティガードの身辺調査をしていると、一人の名前がヒットした。

 

 

Nathan Tubbs(ナサン・タッブス)は、ポリスアカデミーにいた事があるが、心理的評価で落とされてしまった過去がある。

 

更に調べると

  • 事件が発生する現場にいつもいた
  • 4人のガードマンの一人
  • 6日前には自身の離婚裁判で、親権が元妻にわたっていた

 

ということがわかった。

 

 

ナサンの家を捜索すると、元妻とみられるブルネット女性の写真があり、事件の切り抜き記事や凶器などが見つかった。

 

そしてナサンのスケジュール表から今日はシフト外だったことがわかる。

 

 

ナサンの行方を探していると、車にブルネットの女子学生を乗せていたナサンを発見、拘束する。

 

 

 

調べではなかなか口を割らないナサンだったが、取り調べを進めていたギデオンは、ナサンがプロファイリングした犯人像とぴったり一致、ナサンを犯人とほぼ確信する。

 

 

 

一方で、いくらプロファイリングに一致したとしても、肝心の決めてになる証拠がつかず、拘束までの期限がどんどん迫る。

 

 

そんな時、新たな殺人事件がキャンパス内で発生した。

 

被害者はブルネットで刺殺されており、ナサンが拘束中に事件が発生したことから、犯人は他にいると警察は主張する。

 

しかし、今回の被害者は頭を殴られているし、これまでの殺害方法とは違うので、ナサンのコピーキャットによるものと確信するギデオンとの間で意見が割れてしまう。

 

 

結局釈放され、キャンパスに戻るナサンだったが、その時髪の毛をブルネットに染めたAnna Begley(アナ・べグレイ)という女子学生が、ナサンに近づく。

 

 

自傷行為のあるアナは、ナサンが3人を殺害したことを知っていて、自分も殺して欲しいと懇願するのだった。

 

 

彼女の要求をを口汚く断ったナサン。

 

それを聞いてアナはナサンを刺し殺し、自らも命を絶ってしまった。

 

 

 

そして、アナが死亡したのは、犯人を釈放したのが原因ということで、ストラウスに責任を追求されたホッチナーは、2週間の停職を言い渡されてしまう。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

「ギデオンの決意」の感想

サラの死のショックから立ち直れないギデオン。

 

プロファイラーという仕事を続けていくかどうか、悩んでいる気持ちを手紙にしたためながら話は進んでいきます。

 

 

これは誰宛に書いているのか気になるところですが、それは次のエピソードまでのおあずけになりますね。

 

 

ナサンがあまりにもプロファイリングにピッタリハマったので、犯人じゃないんじゃないか…

 

と思ったのですが、やっぱり犯人だったんですね。

 

 

このナサンも自分勝手過ぎますが、拘束されたナサンを釈放する目的で4人めの被害者を殺害したアナも、すごく身勝手な人間だな、と思いました。

 

 

結局最後は自殺するわけですが、だったら人を巻き込まずに、って突っ込みいれてしまいました。

 

 

まあ、この展開はホッチを休職にさせることと、ギデオンが、やっぱりプロファイラーの仕事を続ける気力がない、って思わせるような要因づくりの面が強い気もしますが…

 

 

このエピソードは事件内容が面白い、というよりも、ホッチやギデオンはこれからどうなるんだろう、ということに興味の行く内容かな、と思います。

 

 

ホント、どうなっちゃうんでしょうね。

 

 

次のエピソードは絶対見ないと消化不良起こしそうです(笑)

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

「ギデオンの決意」キャスト

  • アレクサ・アレマニー(Alexa Alemanni) エイミー・- Amy Deckerman
  • ジェイン・アトキンソン(Jayne Atkinson) エリン・ストラウスFBI監督特別捜査官
  • ジョン・バートン(Jon Barton) SWATリーダー
  • シェリー・コール(Shelly Cole) アナ・ベグレイ
  • アンソニー・ディアス-ペレス(Anthony Diaz-Perez) ポール・デーヴィス
  • キム・エステス(Kim Estes) 検視官
  • ヴィンス・グラント(Vince Grant) ナサン・タッブス
  • クリスティーナ・ハーグ(Christina Haag) 女性警察官
  • エリザベス・ヘンドリクソン(Elizabeth Hendrickson) ケイティ
  • トーマス・ロンゴ(Thomas Longo) FBI捜査官
  • アマンダ・マクドナルド(Amanda MacDonald) ヘレン
  • アンジェラ・オー(Angela Oh) ステファニー
  • ショーン・マイケル・パトリック(Shawn Michael Patrick) ジム・グリフィン刑事
  • テイラー・ポエレ(Tyler Poelle) ジョー警察官
  • モイラ・プライス(Moira Price) スザンヌ・ケーブル
  • モイラ・スクワイア(Moira Squier) サラ・ヤコブス
  • トーリ・ホワイト(Tori White) アリサ・デイトン

 

 

「ギデオンの決意」で使用された曲

クリマイ挿入曲 TV オンザレディオ「ウルフ・ライク・ミー」(Wolf Like Me by TV On The Radio)

 

 

 

クリマイ挿入曲 シルバーサン・ピックアップス「レイジー・アイ」(Lazy Eye by Silversun Pickups)

 

 

 

クリマイ挿入曲 ザ・キルズ「キャット・クロウ」(Cat Claw by The Kills)

 

 

 

クリマイ挿入曲 ザ・キルズ「ウェイト」(Wait by The Kills)

 

 

 

クリマイ挿入曲  ウェス・ニックソン「ベアリー・ホールディング・オン」(Barely Holding On by Wes Nickson)

 

 

 

クリマイ挿入曲  ケン・ホロウェイ「アイム・スティル・ホールディング・オン」 (I'm Still Holding On by Ken Holloway)

 

 

 

クリマイ挿入曲  リフューズド「ニュー・ノイズ」(New Noise by Refused)

 

 

 

クリマイ挿入曲  ホールド・ステディ「スタック・ビトウィーン・ステーションズ」(Stuck Between Stations by The Hold Steady)

 

 

 

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事も読まれています。