ガルシア、助かって~(涙)!

撃たれたガルシアが気になる!

 

ガルシアを撃った謎の男、コルビーの正体は?

 

ガルシアに近づいたのは偶然かそれとも…?

 

 

最後まで目が離せません!

 

 

クリミナル・マインドシーズン3 第9話「ペネロープ(Penelope)」のあらすじと感想です。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

「ペネロープ」のあらすじ

前回の続き。

 

デート相手のコルビーに、別れ際銃で撃たれたガルシア。

 

コルビーが撃った弾は、胸から腹部に抜け、一時は危篤状態に陥ったが、奇跡的にも助かる。

 

 

地元警察は、ガルシアの家に強盗が押し入り、犯人は、自分を捕まえようとしたガルシアを撃った、と検証していたが、現場を捜索していたロッシとホッチナーは違和感を覚える。

 

 

ガルシアはFBIに従事する者で、犯人は薬莢を証拠として残さないリボルバーを使ってガルシアを撃っている。

 

偶然に狙った、とは考えにくい。

 

強盗の仕業のように見せかけていると考えたほうが無難で、犯人がガルシアに名乗った名前も、おそらく偽名だろうと推測された。

 

 

 

犯人の似顔絵を後悔するが手がかりなし、指紋も薬莢もなない、レンタカーを借りたという記録もない、という風に、証拠がなく捜査がすでに難航する。

 

 

 

ガルシアは、コルビーとデート当日のことをできるだけ詳細に回想しようと努力する。

 

コルビーは、アメリカ製の白いセダンに乗ってきた。

 

車は、香りからすると新しい。

 

レストランでは、慣れた様子で注文していた。

 

 

そして、ガルシアに自分の経歴をざっと説明し、かつては市の検事を務め、殺人事件も担当したことがある、と、スマートに話をしていた。

 

これを聞いたリードは、市の検事は殺人事件は取り扱わないと指摘する。

 

犯人は法律用語を使うには十分な知識を持っているが、実際に弁護士としては働いていない人間という可能性が出てきた。

 

 

 

ガルシアの代わりとして派遣された、テクニカル分析官Kevin Lynch(ケヴィン・リンチ)は、ガルシアのパソコンに、暗号化されたファイルを発見する。

 

このことが内務監査の対象となり、ガルシアは停職、そしてガルシアの事件の捜査は打ち切りになってしまった。

 

 

 

ガルシアが暗号化したファイルは、BAUが捜査した事件のファイルで、暗号化したのは以前犯人にハッキングにあったことが原因で、エルが犯人に襲撃さた事件が起き、そのことを教訓にしていたからだった。

 

 

 

やがてガルシアに退院許可が降り、ガルシアは自宅に戻る。

 

外には警察官の護衛がつき、そしてガルシアの部屋にはモーガンが付き添っていた。

 

 

その夜コルビーが現れる。
護衛にあたっていた警官が声をかけたところ、コルビーは警官に向けて突然発泡する。

 

 

モーガンの応戦で難を逃れたガルシア。

 

そして、ガルシアを心配したホッチナーたちも駆けつける。

 

 

なぜコルビーがガルシアを狙うのか。
もう一度デート当日のことを詳細に回想しようとするガルシア。

 

 

事件解決に直接繋がらないようなことばかり言うガルシアに、しびれを切らしたロッシは、もっと重要なことを思い出すように迫った。

 

ガルシアは、自分が被害者家族のカウンセラーをボランティアでしていて、未解決事件にタグを付け、FBIが優先して検討しているということを知ってもらうためにやった、と話した。

 

タグをつけたケースは7,8件あったというが、その事件について調べているうちに、ようやくコルビーの素性が明らかになる。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

「ペネロープ」の感想

とりあえずガルシアが無事でよかったε-(´∀`*)ホッ

 

 

コルビーとガルシアの接点がずっとわからなかったのですが、なるほど、そういうことだったんですね~。

 

コルビーがなぜガルシアに近づき、殺害しようとしたか。
動機がかなり凝ってたので、かなり集中して見れました。

 

 

ガルシアの過去が少し垣間見れたのも興味深かったですよ。

 

両親と一緒に楽しそうに笑う、子供の頃のガルシア。
そして、18歳で両親を交通事故で亡くし、一時ひきこもり状態になりますが、その後ハッカーとしての才能に目覚め、それを買われてFBIに入局したとか。

 

 

そうそう、ガルシアの過去に加えて、ガルシアの部屋も出てきますがインテリアが楽しかったです♪

 

シリアスな話の内容忘れそうなくらいでしたね^^;

 

 

FBIで働く傍ら、被害者家族のカウンセラーとしても活動をしていたガルシアですが、その親切心が裏目に出てしまいましたね(;´Д`)

 

さらにエルの件から、今後エルと同じ目にメンバーたちが合わないために、と、ファイルにパスをかけたわけですが

 

こっちの親切心も裏目に出てしまったようです(ToT)

 

 

まあ、そのおかげでケヴィンと出会えたから最悪ではなかったですね^^

 

 

モーガンは優しいし、ケヴィンという将来のボーイフレンドにも出会えたし、コルビーのことは忘れて、幸せになってね!

 

と、エールを送りたくなるようなエピソードでした。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

「ペネロープ」キャスト

  • ジョン・バートン(Jon Barton) SWATリーダー
  • ニコラス・ブレンドン(Nicholas Brendon) ケヴィン・リンチ分析官
  • ベイリー・チェイス(Bailey Chase) ジェイソン・クラーク・バトル副保安官
  • マディソン・デイヴィス(Maddison Davis) 5歳ののガルシア
  • リエナ・ダット(Reena Dutt) 看護婦
  • ジョン・エディンス(John Eddins) ウォーカー刑事
  • レベッカ・エジェンダー(Rebecca Egender) 20歳のガルシア
  • クリスティーナ・ガブリエル(Christina Gabrielle) 9歳のガルシア
  • サブリナ・ジェンナリーノ(Sabrina Gennarino) 救急隊員
  • ローレン・レスター(Loren Lester) 外科医
  • ジェイムス・カラガー(James Kalagher) ウエイター
  • ブルース・カッズマン(Bruce Katzman) 外傷外科医
  • アンネ・マッカーシー(Anne McCarthy) 救急外来の看護婦
  • アンドリュー・エルヴィス・ミラー(Andrew Elvis Miller) 救急隊員
  • マティ・モラレホ(Mati Moralejo) マイク・フレミング警察官
  • マーク・ヴァン(Marc Vann) アダム・フックスIA捜査官
  • ポール・ヴルーム(Paul Vroom) クラーク
  • タマラ・ズーク(Tamara Zook) 隣人

 

 

「ペネロープ」で引用された格言

ガルシア: William Shakespeare wrote, "Love all, trust a few, do wrong to none."
(ウィリアム・シェイクスピア「すべての人を愛し、わずかの人を信じ、誰にも災いをもたらすな」)

 

 

「ペネロープ」で使用された曲

クリマイ挿入曲 ホーリー・ゴールナイトリー「ヴァーチュアリー・ハッピー」 (Virtually Happy by Holly Golightly)

 

 

 

クリマイ挿入曲 デヴィッド・ボウイ「ヒーローズ」(Heroes by David Bowie)

 

 

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事も読まれています。