デヴィッド・ロッシ記事一覧

クリミナル・マインド シーズン3第6話から登場しているロッシ。穏やかな笑顔をたたえ、温厚なイメージがありますよね。私もすっかりロッシはそんな感じの人だったと思っていましたが、意外とそうでなかったり!?第9話「ペネロープ」で見せたロッシの意外な一面を、私は見逃すことができませんでした(笑)。

このロッシのセリフは、クリミナルマインド7第14話「罪と罰」でのものです。「罪と罰」といえばカリフォルニアのビーチで発生した、猟奇的な殺人事件がケースでしたね。遺体をぐるぐる巻きにして、殺害方法が本当にエグかったです。その犯罪の背景には、ゲスい理由も隠されていましたが…まあ、事件のことはこれくらいにして。BAUオフィスに向かうエレベーターの中、ホッチとロッシが会話しますが、ロッシの名セリフはここで...

これからご紹介するロッシのセリフは、クリミナルマインド・シーズン10第10話「アメリア・ポーター」でのものです。出所した犯人が、アメリア・ポーターを見つけ目的を果たすため、姪と甥を拉致、殺人を繰り返していくという卑劣な話でしたね~。でも、ロッシのセリフは事件とは全く無関係(笑)!セリフそれ自体が面白いのですが、その前のホッチとロッシのやりとりも最高~。ということで好きな場面と好きなセリフ、両方見て...

今回ご紹介するロッシのセリフは、クリミナルマインド・シーズン10第20話「惨劇の食卓」でのもの。一家が何者かに惨殺され、しかもきちんとセッティングされたテーブルに座らされていたという奇妙かつ凄惨な事件で、笑えるどころではなかったのですが。ロッシのおかげでくすっとなるところもあり、気持ちが和みました。特に笑えたのがこれからご紹介するものですが、セリフが出た場面と共に振り返ってみましょう~。