穏やかなイメージのあるロッシが…

クリミナル・マインド シーズン3第6話から登場しているロッシ。

 

穏やかな笑顔をたたえ、温厚なイメージがありますよね。

 

 

私もすっかりロッシはそんな感じの人だったと思っていましたが、意外とそうでなかったり!?

 

 

第9話「ペネロープ」で見せたロッシの意外な一面を、私は見逃すことができませんでした(笑)。

 

 

 

 

 

ロッシの意外な一面が現れた場面

犯人が特定できないまま、ガルシアが再びコルビーに襲われ、ロッシたちがガルシアのもとに駆けつけます。

 

もうこれは絶対にガルシアがターゲットで、何か犯人と関係があるに違いない。

 

誰もがそう思ってたと思いますが、ガルシアの思い出すことと言ったら、コルビーとともにデートで入ったレストランで、窓際を用意してもらったにもかかわらず、コルビーは「ここがいい」と、一番位置の悪そうなテーブルがいいと主張して壁に背を向けて座った。

 

車を降りた時、シートベルトが、彼の後方にバックルで締められていたとか(これは犯人像が伺える要因でもありました)。

 

ロッシにとっては、それが犯人に直接結びつくようなことじゃないので、イライラが頂点に達したんでしょうね。

 

「くだらない話はこれくらいにして、そろそろストレートに話ましょうや、お嬢さん」
みたいなセリフで(↑かなり直感で訳してます^^;)

 

いきなりどかっ、っとガルシアの前に座りました。

 

 

そして…

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

ガルシア、全部吐いちまえ~!

かなり強い口調で

 

何か絶対あるはずだ、思い出せ、話してみろっ!щ(`Д´щ;)

 

うわあ~、ガルシアじゃないけどタジタジです…

 

 

そして重大なことを思い出したガルシア。

 

例の、「未解決事件ファイルをタグ」していたことでしたね~。

 

 

そのファイルを見てみないことには犯人が割り出せない、でもガルシアは停職の身で、コンピューターにアクセス出来ない…

 

じゃあ、どうしよう

 

判断に迷ったホッチが、ちらっとロッシを見ると

 

I told you, I'm sick of this jagoff being in front of us.

 

"jagoff"という単語はなんだろう、って調べてみたら、ピッツバーグ英語で、ばかげたやつとかばか、とかいったスラングなんですね~。

 

捜査が遅々として進まないこの状況が、自分たちの前に立ちはだかっているのにはうんざりしている、捜査にはもう遅れを取りたくない、ということでしょうね~。

 

つまり、今のロッシの心境からするとファイルチェックしろよ、当たり前だろっ?
って感じでしょうか^^;

 

 

にしても、ロッシは短気なところありますね~!

 

 

この短気がきっかけで、コルビーが何者かわかったのですから、捜査には必要な要素だったりして(笑)

 

 

こうしてみると、ロッシって、けっこう面白いキャラですよね~。

 

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事も読まれています。