全く楽しくないタイムカプセル!

タイムカプセルから出てきたのは、なんとミイラ化した首だった!

 

どうやってタイムカプセルに入れたの?

 

 

そして、最近発見された首無し遺体。

 

殺人事件は同一犯?!

 

 

ホッチナーたちの捜査でどんどん明らかになる事件の真相とは?

 

 

クリミナル・マインドシーズン8 第19話「タイムカプセル(Pay It Forward)」のあらすじと感想です。

スポンサードリンク

「タイムカプセル」のあらすじ

コロラド州ブロンソンスプリングスは、1988年「未来の町」を受賞し、その記念として裁判所前にタイムカプセルを埋めた。

 

 

そして2013年。
市民が見守る中、タイムカプセルが開られたが、中から切断された人間の首が転がり落ち、祝福ムードは一転する。

 

 

BAUはこの事件の捜査要請を受ける。

 

発見された首は、当時23歳のWade Burke(ウェード・バーク)と判明する。
そして、最近発見された首のない遺体との関連が指摘された。

 

 

2つの事件は25年間のブランクが空いており、同一犯による可能性と、コピーキャットによる可能性を抱えながら、ホッチナーたちは現地に向かった。

 

 

 

ロッシとリードは、1988年当時の市長に会いに行く。
そこで2人は、地方紙の編集者、Wanda Sullivan(ワンダ・サリバン)に出会う。

 

市長によると、ワンダは市民の品行方正のため、新聞に記録簿的な犯罪コラムを掲載していたという。

 

 

25年前に殺害されたウェードは学生で、最近遺体で発見されたCharlie Figg(チャーリー・フィグ)は、引退した元保安官代理だった。

 

 

どちらも何も問題のない人物と見られたが、ガルシアの調べで、ウェードは、在学中にひき逃げを含む6件の「公共の場での泥酔」という、略式起訴犯罪を犯していた。

 

しかし犯罪履歴は残されておらず、ウェードの父親がすべてもみ消していたことがわかる。

 

 

 

モーガンは、ウェードとチャーリーの首を切断した刃物は同一のものという検死結果をホッチナーに報告する。

 

 

 

3番目の殺人事件が発生するが、被害者はワンダだった。

 

ワンダは、ドラッグ反対推進者として活躍していたが、彼女の庭ではマリファナが栽培されていた。

 

さらに、チャーリーは、違法に「第2の家族」を持っていたことが判明する。

 

 

ホッチナーたちは犯人のプロファイルを発表する。

 

  • 犯人は体格のいい45~55歳の男性で、「偽善者」をターゲットとしている。
  • 偽善者は罰を受けるべきという考えがあり、ブロンソンスプリングスが完璧な市として表彰されたことで、それが犯行の動機になったとみられる。
  • 犯人が自分のことを偽善の被害者と考えたり、不正を受けたりした場合、報復のターゲットは被害者個人ではなく社会全体に向けられていると考えられる。
  • 次の犯罪を実行するまで25年のブランクが有り、犯人はかなり忍耐強いタイプの人物。
  • さらに、時間をかけて綿密に計画を立てていることから、そうしたスキルを必要とする熟練工である可能性が高い。
  • 殺人の衝動を自らコントロールできる完璧主義者でもある。
  • 切断したウェードの首が、ひと目に触れていない期間は、おそらく犯人の休眠状態だったと考えられる。
  • しかし、タイムカプセルがあけられた時、目覚まし時計が鳴るように犯人を目覚めさせ、殺人を再開した。
  • 被害者たちの首を集めるにはなにか目的があるはずだ。
  • 犯人の次の声明は、おそらくより大きく、大胆で、すぐに起きるだろう。

 

 

 

4人目の被害者が遺体で発見された。

 

この被害者は他の被害者と違い、公私ともに問題はなかった。

 

しかし、より深く調べていくうちに、すべての被害者に関連性があることがわかり、捜査は急展開を見せる…

 

 

スポンサードリンク

「タイムカプセル」の感想

タイムカプセルから首が…というのはかなりアイデアだと思いますが、話の展開はオーソドックスなクリマイの流れだったと思います。

 

面白くない、という意味じゃなくて、「クリマイだから」と、安定してしてみることが出来ました。

 

 

 

犯人登場がもう少し遅かったらいいのにな~、というところがちょっと残念だったかも。

 

でも、被害者たちは実は行儀が悪くという意外性、そして、被害者たちには意外な接点があった、というのは面白かったですね~。

 

犯人がなんで首を集めているのか、その目的は最後のほうでわかりますが

 

 

う、悪趣味(-_-;)

 

でしたね~…

 

 

そして最後ではもうひとつ、もしかしたらこの事件は起きなかったかも、ということがわかって「あ~あ…」という気持ちも出てきました。

 

 

とまあ残念なところもいくつかあったのですが、意外性のほうがそれを上回っていたので、最後まで楽しく、そしてドキドキしながら観ることが出来ました♪

 

 

 

この中で架空の人物はだ~れ?

今回の犯人は、次の殺人をするまで25年という冷却期間がありました。

 

普通シリアルキラーは、ここまで冷却期間は空きませんし、犯行を重ねるたびにどんどん短くなっていく傾向がありますよね。

 

 

でも、中には長期間冷却期間を空けたシリアルキラーもいます。

 

その例として

  • BTK
  • ジェフリー・ダーマー
  • キーストーンキラー
  • 切り裂きジャック
  • ゾディアック

と、例が挙げられましたが

 

この中に一人、架空のシリアルキラーがいます。

 

誰でしょうか~?

 

 

 

クリマイをずっと見ていたらお分かりかと思いますが、架空の人物はシーズン1「蘇ったシリアルキラー」に登場したキーストーンキラーです^^

 

キーストーンキラーは、1986~1988に犯行を重ね、それから2006年までぷっつりと活動が途絶えました。

 

捜査に当初から関わっていたマックス・ライアン元FBI捜査官が登場して、キーストーンキラーを追っていたんですよね~。

 

う~、なつかしい~。

 

ギデオンも登場するしかなり好きなこのエピソード。

 

もう一回観たくなりました^^;

 

 

最後に、実在したシリアルキラーの冷却期間についてまとめてみました。

  • BTK・・・1974年1月15日にオテロ一家を殺害したのが始まりで、1977年12月8日に25歳の女性を殺害後、ぷっつりと犯行をストップ。その後、2004年3月に新聞社に犯行声明文を送りつける。このときに使ったフロッピーディスクからコンピュータ情報を得て、逮捕に繋がりました。見た目は普通のおじさん、中身は目立ちたがり屋のシリアルキラーでした。
  • ジェフリー・ダーマー・・・1978年、18歳のときに、初めて殺人。その後1987年に再び殺人を開始するまで冷却期間があります。冷却期間後の犯行が凄まじく、1989年までに17名が犠牲に。「ミルウォーキーの殺人鬼」と呼ばれたのもうなずけます。
  • 切り裂きジャック・・・1888年に5名の娼婦を殺害した、未解決事件のアンサブ。初めの事件は1888年8月31日に発生し、9月に3件、そして、最後の被害者は11月9日。上の2人と比べると、冷却期間が短めですが、4番目と5番目の犯行の間が、他と比べると長いですね。
  • ゾディアックキラー・・・切りさっきジャックと同じく、アンサブのまま。1968年から1969年の間に、少なくとも5名を殺害。1974年に、新聞社に手紙を送りつけたものの、再び連絡がぷっつりと途絶える。

 

BTKにしろ、切り裂きジャックにしろ、ゾディアックキラーにしろ、みんな目立ちたがり屋のようですね。

 

あれだけ犯行を続けていたのに、ある日ぷっつりとやめるのは、どんな理由があるのでしょうか。

 

知りたいです。

 

 

スポンサードリンク

「タイムカプセル」キャスト

  • パメラ・ベルウッド(Pamela Bellwood) ワンダ・サリバン
  • グレッグ・クリスティー(Gregg Christie) チャーリー・フィッグ副保安官
  • ミッシー・クライダー(Missy Crider) リーアン・ティップトン
  • ライアン・カトロナ( Ryan Cutrona) サム・ウェイクフィールド
  • タミー・ダルストーム(Tammy Dahlstrom) リンゼイ・ウィンターズ市長
  • ビル・ダウス(Bill Dawes) ボブ・コリアー保安官
  • リンダ・デメトリック(Linda DeMetrick) メラニー・ブルーク
  • バート・グリンステッド(Burt Grinstead) ウェイド・ブルーク
  • デヴィッド・ヘイワード(David Hayward) クラランス・ティップトン
  • ダイアナ・ホッパー(Diana Hopper) 若い頃のリーアン・ティップトン
  • アダム・ラコステ(Adam LaCoste) 作り物の首を袋に入れて集会場に現れた男
  • ロブ・ナグル(Rob Nagle) トーリー・チャップマン
  • ジャネット・オーコナー(Jeanette O’Connor) アーリーン・ティップトン
  • ミッチ・パウロス(Mitch Poulos) 中年男性
  • ガリソン・トゥルー(Garrison True) トッド・バッカス

「タイムカプセル」で引用された格言

ロッシ: "A memory is what is left when something happens and does not completely unhappen." — Edward de Bono
(「記憶とは、何かが少なからず起きた時に残るもの」エドワード・デ・ボノ)

 

ホッチナー: "There is no present or future, only the past, happening over and over again, now." — Eugene O'Neill
(「現在も未来もない。あるのはただ過去だけ。それが今、何度も繰り返されているのだ」ユージン・オニール)

「タイムカプセル」で使用された曲

クリマイ挿入曲 ドリュー・ホルコム・アンド・ザ・ネイバーズ「トゥモロー」(Tomorrow by Drew Holcomb & The Neighbors)

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事も読まれています。