シーズン6最終話!!

事故を起こした車から男女の遺体が!!

 

運転手は死亡、身元不明でとまどうBAU。
でも、人身売買特捜班の協力で、捜査が進む!

 

命がけの任務を遂行する覆面特捜班員を無事救出できるか?

 

 

そして、ホッチから迫られた、「BAUに残るか・残らないか」にBAUメンバーはどう答える?

 

 

 

クリミナル・マインドシーズン6 第24話「終わりなき戦い(Supply & Demand)」のあらすじと感想です。

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

「終わりなき戦い」のあらすじ

Kyle(カイル)という男が運転する車が交通事故を起こし、カイルは死亡、運転していた車のトランクから若い男女の死体が発見された。

 

遺体には複数の凶器で傷つけられていたことから、複数犯によるものと考えられた。

 

しかし遺体の男女は出身も別で、これといって接点は見つからず、運転していた男の身元もわからずじまい。

 

プロファイリングが困難かにみられたが、人身売買特捜班のヘッドAndi Swann(アンディ・スワン)の情報で、人身売買の闇組織の犯行との見方を強めた。

 

 

アンディとともにプロファイリングをすすめるBAUメンバーだったが、アンディの部下で大学生として活動していた潜入捜査官、25歳のRenee Matlin(リネー・マトリン)が行方不明になってしまう。

 

 

もし闇組織の人間にリネーが捜査官とわかれば彼女は殺される。

 

リネーを無事に救出するため、全力で闇組織のアジトの割り出しを急ぐが、悪い予感が当たるかのように、リネーは生命の危険に晒されていた…

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

「終わりなき戦い」の感想

インパクトのあるキャラがけっこうたくさん登場したエピソードだったと思います。

 

 

「犯人はもしかして…?」と思った人物がそうでしたが、いや~、かなり意外でびっくりしました。

 

しかも事件が解決したか~、という最後の場面でロッシがあわや殺されそうになりますからね~(汗)。

 

 

顔つきとキャラからして、最後の最後まで気の抜けない人物でした。。

 

 

でも、ラストを飾る犯人としては、ちょっとインパクト欠けますよね。

 

 

まあ、これまでのラスボス系シリアルキラーたちのキャラが、あまりにもキョーレツですから、それ以上を行く、というのはなかなか難しいですよね。

 

 

シーズン6は、ドイルも出てきましたし、そういうのもあるのかな。

 

「あ、そういえばシーズン6最終話の犯人はこの人だったな」と、後で思い出すくらいのキャラだったと思います。

 

 

人身売買特捜班の2人が良かった!

闇組織に監禁されてしまったリネーですが、身の危険にさらされてるにもかかわらず犯人にくってかかる姿は、さすが侵入捜査官、肝が座ってるな、と感心してしまいました。

 

それから、人身売買特捜班のヘッド、アンディ。

 

こういうサバサバとしたかっこいい女性が好きなのでエピソードではかなり印象に残っています。

 

 

JJが戻ってくる!

あ、最後ですが、懐かしのあの顔が登場して終わります。

 

 

ギデオン?

 

 

いえいえ、マンディ・パティンキンが降板したのでそれは無いですね~^^;

 

 

ばらしちゃうと…

 

 

JJです!

 

BAUに戻ることをロッシに告げるんですね。

 

JJはもう戻ってこないと思ったんですけど、また見れると思うと嬉しいですね~♪

 

 

バタバタしていたシーズン6

キャストの降板が予想されたためか、シーズン6は含みをもたせる部分が多かった気がします。

 

  • JJの異動
  • プレンティスの死(?)
  • リードの頭痛
  • 経費削減で、BAUのメンバーの進退問題が浮上

 

どうなっていくんでしょうね~。

 

こういうのがあるからシーズン7はどうなるんだろう?

 

って、ますますその放送が待ちきれなくなりますよね^^

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

「終わりなき戦い」キャスト

  • マクシミリアン・アレクサンダー(Maximillian Alexander) マックス
  • マット T. ベイカー(Matt T. Baker) カイル
  • ※シーズン1「毒物混入」では、ダニー・ワレス役で出演
  • ニコラス・ブレンドン(Nicholas Brendon) ケビン・リンチ分析官
  • ショーン・キャリガン(Sean Carrigan) ラモット
  • A.J. クック(A.J. Cook) JJ特別捜査官
  • サラ・フォーレ(Sarah Foret) レニー・マトリン捜査官
  • マッシ・フルラン(Massi Furlan) レオン
  • クリストファー・イリング(Christopher Illing) ビリー
  • ダニエレ・ジェフリー(Danielle Jaffey) 拉致された被害者
  • ゲイリー・カスパー(Gary Kasper) 組織のメンバー
  • ライアン・J. キッビー(Ryan J. Kibby) ジェイク・ワッテイ
  • ジャン・モンロー(Jan Munroe) シャーマン検視官
  • エイミー・プライス=フランシス(Amy Price-Francis) アンディ・スワン特別捜査官
  • アンジェラ・サラフィアン(Angela Sarafyan) ルーシー
  • フォリー・スミス(Forry Smith) キャンプベル
  • ジェイス・スパークス(Jace Sparks) クリス
  • アンドリュー・ウェイン(Andrew Wayne) 州警察官

 

 

「終わりなき戦い」で引用された格言

ホッチナー: Thomas Hardy wrote, "And yet to every bad there is a worse."
(トーマス・ハーディ「どんなに悪い状況にも、さらに上が存在する」)

 

ロッシ: "What it lies in our power to do, it lies in our power not to do." Aristotle
(「行動する力の源にあるものは、行動しない力の源にもある」アリストテレス)

 

 

「終わりなき戦い」で使用された曲

クリマイ挿入曲 ローリング・ストーンズ「シャタード」(Shattered by The Rolling Stones)

 

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事も読まれています。