一家に牙をむく犯人は誰だ!?

一家を狙った連続殺人事件に震えるアイオワ!

 

 

凄惨な犯行を重ねる犯人の素顔とは?

 

 

よし、現地に向かうぞ!

 

というモーガンの前に現れたのは、スパイサー刑事の娘、エリーだった。

 

 

どちらも気になって仕方ない!

 

 

 

クリミナル・マインドシーズン6 第5話「安全地帯(Safe Haven)」のあらすじと感想です。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

「安全地帯」のあらすじ

アイオワ州で、Bennett(ベネット)一家が何者かによって殺害された。
その前日には、ネブラスカ州でArcher(アーチャー)一家が殺害されている。

 

どちらの家族も、妻は鈍器のようなもので殴り殺されており、夫は刺殺、子どもたちは絞殺という、それぞれ違った方法で殺害されていた。

 

さらに、家に犯人が押し入った形跡もなく、キッチンには家族の人数よりも一人分多い食事が用意されていたことから、犯人は家族と顔見知りである可能性が強まった。

 

また、ベネットとアーチャー両一家の妻には、ボランティア活動をしているという共通点もあり、世話好きで人を助ける性格。
もしかしたらその延長線で犯人と知り合い、事件に巻き込まれた可能性も出てきた。

 

しかし、初対面の人間を家にあげ、大事な子どもたちと一緒の部屋に招き入れるだろうか。

 

 

そんな時新たな殺人事件が発生した。

 

今度は家ではなく外で、しかも男性一人が車内で殺害されていたが、男性の腕が切り裂かれていたことから地元警察は同一犯の犯行と断定する。

 

現場で犯人の行動を分析しているうちに、数分先のことも頭に描くことのできないほど短絡的で衝動的であり、少年による犯行の可能性が出てきた。

 

少年であれば、警戒心を解くことも簡単で、子どもたちも親近感を持ちたとえ初対面でも部屋に招き入れる…

 

 

犯人割り出しが進む中、犯人は次のターゲットに近づき犯行のチャンスを手に入れていた…

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

「安全地帯」の感想

このエピソード、始まりからかなりドキドキしましたよね。

 

悲惨な事件の幕開け、という感じでとても怖かったです。

 

 

犯人は中盤から誰だかわかりますが、子供まで巻き込んで、血も涙もない犯人に、このエピソードは二度と観ない!というくらい嫌悪感を抱いていました。

 

 

まあ、わかったところで同情はできなかったけれど、お母さんがもう少し…
と、残念でなりませんでしたね~。

 

 

エリーがモーガンに会いに来る

この事件と並行してあの「暗闇王子」のエピソードに出てきたエリーが、里親のところから、モーガンのところに逃げてきたんです!

 

 

里親先には6人の子供がいて、エリーがいなくなってるのにそれに気づかない、というから呆れたものです!

 

 

モーガンは、エリーが幸せになる最善の方法はなんだろうと考えて、カルシアと協力してエリーの実のお母さんを探します。

 

そしてついにお母さんを発見、エリーとBAUで対面することになりました。

 

モーガンとガルシアの行動力と優しさがすごい。

 

 

私も初めモーガンと同じで、一度エリーを捨てたお母さんが、果たしてエリーを喜んで引き取るだろうかと、とても心配でした。

 

 

 

でも、そんな心配はゼロでしたね。

 

 

お母さん、毎日エリーのことを考えて、話しかけるように日記を綴っていたんです。

 

 

泣けましたね。

 

初めはお母さんに対して心を開こうとしなかったエリーですが、モーガンに説得されてお母さんと一緒に暮らすことを決めます。

 

この時のモーガンの言葉素敵すぎでした~。

 

長くなっちゃうのでこれはまた別の記事にしようと思いますが。

 

 

お父さんと叔母を失ったエリーですが、この世に自分のことを愛していてくれる肉親が存在していて良かったです!

 

 

いや~、にしてもこのシーンのモーガンはかっこよすぎた(笑)

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

「安全地帯」キャスト

  • スターリング・ボーマン(Sterling Beaumon) ジェレミー・セイヤー
  • マイケル・レイリー・バーク(Michael Reilly Burke) グレイディ・ビークス捜査官
  • クリスティン・キャリー(Kristin Carey) サンドラ・バネット
  • ウィリアム・カワート(William Cowart) ルイス・ハナム牧師
  • クロエ・シーセンゲイリー(Chloe Csengary) キャリー・セイヤー
  • エバン・ダイ(Evan Dye) ザック・リバートン
  • デヴィッド・ゴリル(David Goryl) ジェイク・バネット
  • ステファニー・キャサリン・グラント(Stephanie Katherine Grant) アンバー・リバートン
  • ナタリー・アリン・リンド(Natalie Alyn Lind) ケイラ・ベネット
  • ケネス・メセロール(Kenneth Meseroll) 州警察官
  • ※シーズン2「見えない恐怖」では、ジョージ・ヒューズ市長役で出演。
  • キャメロン・メイヤー(Cameron Meyer) エリーの母親
  • イザベラ・ムラド(Isabella Murad) エリー・スパイサー
  • ケリー・オーマレイ(Kerry O'Malley) ケンドラ・セイヤー
  • プレストン・ストローサー(Preston Strother) サミー・ベネット
  • マーレ・ウイニングハム(Mare Winningham) ナンシー・リバートン

 

 

「安全地帯」で引用された格言

モーガン: "All humanity is one undivided and indivisible family. I cannot detach myself from the wickedest soul." Mahatma Gandhi
(「人類は分離できない家族である。邪悪な魂も切り捨てられない」マハトマ・ガンジー)

 

モーガン: "But I have promises to keep, and miles to go before I sleep, and miles to go before I sleep." Robert Frost
(「眠る前に守るべき約束と進むべき道がある。何マイルもの道がある」ロバート・フロスト)

 

 

「安全地帯」で使用された曲

クリマイ挿入曲 フィッツ・アンド・ザ・タントラムズ「マネーグラバー」(Moneygrabber by Fitz and the Tantrums)

 

 

クリマイ挿入曲 ケイジ・ジ・エレファント「イン・ワン・イア」(In One Ear by Cage the Elephant)

 

 

 

クリマイ挿入曲 APM「ワルツ第7番作品64」 (Waltz C Minor Op 64 by APM)

 

 

 

クリマイ挿入曲 マイク・ポズナー「クーラー・ザン・ミー」(Cooler Than Me by Mike Posner)

 

 

 

クリマイ挿入曲 ワックス・テイラー「ハウス・オブ・ワックス」(House of Wax by Wax Tailor)

 

 

 

クリマイ挿入曲 ザ・ダールズ「ワイ・ドント・ユー・ラブ・ミー」(Why Don't You Love Me by the Dahls)

 

 

 

クリマイ挿入曲 KU「ノーバディ・ホット・アス・ミー」(Nobody Hot As Me by KU)

 

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事も読まれています。