エミリーとドイル、対決の幕が開く!

ドイルに対する気がかりが日に日に大きくなるエミリー!

 

 

今回のケースは、一家殺人事件。

 

捜査を進めていくうちに、あれっ、黒幕はひょっとして…

 

 

ドイルも事件もつながっていたというこのオチの結末は?

 

 

 

クリミナル・マインドシーズン6 第17話「過去からの暗殺者(Valhalla)」のあらすじと感想です。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

「過去からの暗殺者」のあらすじ

プレンティスは地下鉄の車内で、ツィアとクライドと密かに合流する。
そして、ドイルがワシントンD.C.に現れたことを告げた。

 

そんな時2件の住宅で火災が発生、Cosenza(コセンザ)とFagan(ファガン)の2家族が死亡した。

 

どちらの火災も夫が家族を殺害し、無理心中を図ったと見られていた。

 

不思議な事にニュースにもならなかった。
ただひとり、Jeff Hastings(ジェフ・ハスティング)という人物が、ネットに記事を投稿していただけだった。

 

 

事件現場を検証するロッシとプレンティス。

 

マスタールームにはセキュリティアラーム、無数の施錠、銃があったことから、ロッシは夫は何かに怯えていたのではないかと推測する。

 

 

司法解剖の結果から2家族共、夫が死亡した後から火がつけられていることがわかり、無理心中に見せかけた殺人事件の可能性が強くなった。

 

 

両家族の共通点はヨーロッパ出身ということだけと見られていたが、捜査を進めていくうちにどちらもByron Delaney(バイロン・ディレニー)というイギリス人に電話をかけていたことがわかった。

 

ディレニー宅に急ぐモーガンとプレンティスだったが、車を降りた途端ディレニー宅から出てきた犯人グループと銃撃戦を繰り広げることになった。

 

プレンティスに撃たれて負傷した犯人グループの一人を射殺した他のメンバーたちは、そのまま車で走り去る。

 

射殺されたメンバーは、頭を撃ち抜かれた上手首もを撃ちぬかれていた。

 

これに不自然さを感じたモーガンは、手首に彫られたタトゥーから身元が割り出されるためにそこも撃ったと推測する。

 

 

一方ディレニー宅内を捜索したホッチナーは、ディレニーの足の指の間に注射の跡を発見、ディレニーは他殺であると断定する。

 

さらに、パスポートやまとまった現金が用意されていたことから何者かがディレニーに身を隠すよう忠告した形跡を感じ取った。

 

 

2件の一家殺人事件について唯一記事にしたジェフに、ガルシは接触し話を聞くことに成功、ここからClear Water Securities(CWS)という多国籍企業の存在が浮上する。
そして、被害者のコセンザ、ディレニー、ファガンの3名がCWSの社員ということを突き止めた。

 

 

リードが殺された犯人メンバーに彫られた手首のタトゥーの復元に成功した頃、BSUメンバーはCWSの幹部と面談し、一連の事件の黒幕がイアン・ドイルであることを突き止めた。

 

 

どんどんドイルに近づくBAU、そして、メンバーの命の危険を危惧するプレンティス。

 

 

そんな時、またしてもプレンティスを追い詰める事件がドイルによって起き、ドイルとの決着を付けるためにプレンティスは一大決心をしてBAUを去った。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

「過去からの暗殺者」の感想

あらすじがいつもより長くなってしまった感じですね。
なんか毎秒ごとに見所がでてくるみたいで、かなりスリリングな仕上がりになっているエピソードです。

 

一連の事件にはすべてドイルが関わっているとは、エピソードの初めは全く想像していませんでした!

 

なんのために殺人をするかというと、エミリーをおびき寄せるためなんじゃないかなと感じますよね。
ディレニー宅でモーガンとエミリーが到着、それを見ていたドイルの仲間がドイルに伝えると
「あの女(エミリー)か?」と聞き返すシーンがあったので。

 

こうやって追い詰めていくんですね、エミリーを。

 

 

しかも事件を起こせば起こすほどBAUメンバーも巻き込んでドイルのターゲットになるし、BAUがドイルに近づけば近づくほどエミリーの過去も暴露されてしまう…

 

この追い詰め方はかなり冷酷ですよね。

 

 

こうした展開もこのエピソードの見所ですが、エミリーとBAUメンバーとの絆の強さを感じさせるシーンがいくつもありました。

 

 

たとえば

  • エミリーのことを心配したガルシアに、笑顔にしてくれてありがとう、と感謝するシーン
  • スペンサーがエミリーに頭痛のことをそっと打ち明けるシーン
  • エミリーはストレスをためると爪を噛む癖が出てくることを知っていたスペンサーが、またそれが出てきてるなじゃないかと気にかけるシーン
  • 「君は一人じゃない、だから自分を信用してなんでも話して欲しいと」と、エミリーを気遣うモーガン

 

いいメンバーに囲まれてるじゃない、エミリー (´Д⊂グスン

 

もう、クリミナル・マインドファンは絶対見て欲しいところです。

 

 

とまあ見所いっぱいのエピソードですし、次のエピソードにも続くのでこれは絶対に見逃せませない回でした!

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

「過去からの暗殺者」キャスト

  • ジム・カスティロ(Jim Castillo) 本人(元テレビのブロードキャスターで気象学者)
  • ジョン・コールレラ(John Colella) ロン・コゼンツァ
  • ソー・エジェル(Thor Edgell) バイロン・デラネイ
  • シエナ・ゴーインズ(Siena Goines) ツィア・モースリー
  • ブライアン・D. ジョンソン(Brian D. Johnson) フランク・ファガン
  • マディソン・メイソン(Madison Mason) レックス・ドレイヤー
  • アンディ・マクフィー(Andy McPhee) リアム
  • ジャン・モンロー(Jan Munroe) シャーマン医師
  • ティモシー・V. マーフィー(Timothy V. Murphy) イアン・ドイル
  • フィオン・ウィリアム・オーブライエン(Fionn William O'Brien) カルム
  • タイラー・ポエレ(Tyler Poelle) ジェフ・ヘイスティング
  • ※シーズン3「ギデオンの決意」では、ジョー警察官役で出演

  • ジェニファー・リカー(Jennifer Riker) ケリー・フェイガン
  • セバスチャン・ロシュ(Sebastian Roché) クライド・イースター
  • デサリー・ヴァイレンカール(Desary Vailencour) BAU捜査官

 

 

「過去からの暗殺者」で引用された格言

プレンティス: Lao Tzu said, "When I let go of what I am, I become what I might be."
(老子「今までの自分を捨て去れば、なりたい自分になれる」)

 

プレンティス: Journalist Dorothy Dix wrote, "Confession is always weakness. The grave soul keeps its own secrets and takes its own punishment in silence."
(ジャーナリストのドロシー・ディックス「懺悔とは弱者の行いである。厳粛なる魂は秘密を守り、沈黙の中に罰を受けるのだ」)

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事も読まれています。