目撃者は自閉症の少年のみ!

学校に登校した少年は、血まみれだった!!

 

少年の両親が失踪、しかし少年は自閉症で捜査は難航。

 

 

捜査支援を依頼されたホッチたち、どうやって少年から事情を聞き出す?

 

 

少年が背負う運命に感情移入せざるを得ないこのエピソード、そして感動のラストが待っている!!

 

 

 

クリミナル・マインドシーズン6 第16話「哀しきメロディー(Coda)」のあらすじと感想です。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

「哀しきメロディー」のあらすじ

ルイジアナ州ラファイエット郡で10歳のSammy Sparks(サミー・スパークス)の両親が失踪する事件が起きた。

 

サミーが血だらけのまま学校に登校したことから事件が明るみになり、地元警察は、両親失踪の唯一の目撃者であるサミーから何が起きたのか事情を聞き出そうとするが、サミーは自閉症だった。

 

自閉症のサミーにどうやってインタビューするか迷い、地元警察はBAUに捜査協力を依頼する。

 

 

サミーについた血は、サミーの父親のものということがわかり、事件が発生した時刻や、押し入った形跡がないことから、犯人は両親と顔見知りと推測された。

 

 

現場検証を行ったモーガンとホッチは、盗まれたものが何一つなく、荒らされた形跡が発見されなかったことから、犯人の目的はただひとつ、両親の誘拐ということを確証し、誘拐は金銭目的で、金に困っている者の犯行と見て捜査を進める。

 

 

 

一方郡保安所に保護されたサミーは、ひたすら絵を描き続けていた。

 

様子をうかがいながらサミーに話しかけるリードだったが、サミーの描く「L」という字に注目する。

 

サミーも「L」を通して何か伝えたそうだったので、ロッシはガルシアにスパークス一家周辺の関係者リストを作成して欲しいと頼む。

 

サミーの両親は楽器店を営んでおり、サミーは学校が終わるとここに立ち寄ってピアノを引いたり絵を描いたりしてすごすことを日課としていた。

 

さらにその後の捜査で、自閉症のサミーは何時に何をする、というきっちりと決まった日課で1日を過ごしていることがわかり、両親もそれに沿っていると考えられ、犯人にとって格好のターゲットになりやすい生活を送っていることがわかった。

 

 

そんな時、凍結したはずのサミーの両親の口座から、まとまった金額のお金が引き下ろされた。

 

プレンティスとシーヴァーはアクセスのあった銀行に向かう。

 

 

銀行の防犯カメラをチェックすると、お金を引き下ろしたのは、サミーの母親だった…

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

「哀しきメロディー」の感想

ピアノを弾く少年。
メロディーが流れる中、少年の日常生活シーンが映し出される。

 

 

が、突如少年の顔に血が飛び散る。

 

ピアノの手を止め、顔についた血を撫でた手を見つめる少年。

 

そしてそのままの格好で学校に登校する…

 

 

かなりショッキングなオープニングでした。

 

 

血が飛び散ってもなんで悲鳴あげたりしないの?
と不思議に思っていたらその少年、サミーは自閉症だったんですね。

 

 

犯人はメキシコ湾原油流出事故の影響で金銭的な窮地に陥り、サミーの両親を誘拐したという設定になっていますが、この犯人の身勝手な動機せいで幸せな家庭が壊されたかと思うと切ないですね。

 

 

事件の最後で触られただけでパニックを起こすサミーが、お母さんと抱き合う場面は泣けました。

 

サミーは何かを感じているんでしょうね。
そう思うとなおさら泣けてきました(´;ω;`)ウッ…

 

 

スペンサー、GJ!

今回のBAUのプロファイリングで犯人逮捕に直接つながったのはスペンサーの推理でした。

 

サミーがしきりに描いていた「L」という文字の意味を理解したことでとんとんと犯人が割り出されていくのですが、スペンサーの知的さが光って良かったです。

 

スペンサーファンは見逃せないですね~。

 

 

ガルシアのヘアバンドがとってもキュート

あ、それとこのエピソードのガルシアが
いつもよりすごく可愛く見えました。

 

クリマイ ガルシア かわいい
出典

 

 

ヘアバンドのせいかも。

 

真似したいくらい、すっごいかわいいです♪

 

 

 

今回のエミリーとドイル

この事件と並行してエミリーの話もかなり露出度が増えてきたのですが、つ、ついにエミリーとドイルが対面!

 

 

ド、ドイル、きたぁ~!
ギャアァァァァ━━━━━━(゚Д゚|||)━━━━━━!!!!!!

 

 

ドイルの目的はエミリー自身なのですが、「あれ、まだ未練があるのかな」なんて思った私は浅はかですね~^^;

 

 

どうやらエミリーは、ドイルが一番してほしくないことをしてしまったようです。

 

ドイルがエミリーに近づくのは復讐が目的、ドイルが欲しいのはエミリーの命。

 

つまり

 

「殺すぞ」という殺人予告ですよね(怖)

 

今はまだ、でも近いうちに、って、いつでもお前の命は取れるとでもいうような言いっぷりで、かなり怖いです。

 

 

いよいよ次回からエミリーとドイルの対決が本格化してきますが2人の過去も含めて興味いっぱいです!

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

「哀しきメロディー」キャスト

  • スカイラー・ブリングハム(Skyler Brigmann) サミー・スパークス
  • ジェニファー・クリストファー(Jennifer Christopher) レベッカ・デヴィッド
  • シエナ・ゴーインズ(Siena Goines) ツィヤ・モースリー
  • ミミ・ケネディ(Mimi Kennedy) ロジャース教師
  • ジェシカ・ランディ(Jessica Lundy) アリソン・スパークス
  • ティモシー・V. マーフィー(Timothy V. Murphy) イアン・ドイル
  • ケイド・オーウェンス(Cade Owens) ジャック・ホッチナー
  • セバスチャン・ロシュ(Sebastian Roché) クライド・イースター
  • ロミー・ロゼモント(Romy Rosemont) エリザベス・スパークス
  • ルー・テンプル(Lew Temple) ビル・トーマス
  • フィル・ウィルコックス(Phil Willcox) チャーリー・スパークス
  • シェーン・ウッドソン(Shane Woodson) オリバー保安官

 

 

「哀しきメロディー」で引用された格言

リード: "Tomorrow, you promise yourself, will be different, yet, tomorrow is too often a repetition of today." — Author James T. McCay
(「明日こそ変わろうと君は誓う。しかし明日というのはたいてい、今日の繰り返しなのだ」作家のジェームズ・T・マッケイ)

 

ドイル: Honoré de Balzac once said, "Most people of action are inclined to fatalism and most people of thought believe in providence."
(オノレ・ド・バルザック「行動する人々は、運命を信じ、考える人々は神を信じる」)

 

 

ド、ドイルが格言を引用するとは!!

 

ここまでBAUに近づいているってもう怖いですよ。

 

いい格言を引用していますが、ドイルが言うと邪悪さが…

 

 

「哀しきメロディー」で使用された曲

クリマイ挿入曲 ロード・ホーグス「ブラザー」(Brother by Road Hawgs)

 

 

 

クリマイ挿入曲 ドートリー「ホーム」(Home by Daughtry)

 

 

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事も読まれています。