変なタクシードライバーに要注意!

ロサンゼルスで女性が誘拐され、殺される事件は連続事件に!

 

水とは関係ないのに、被害者はみな溺死させられている不思議。

 

足の裏の皮膚を切り取る意味は?

 

 

この犯人のクリミナル・マインドは本当に理解不能、でもホッチたち頑張って!

 

 

 

クリミナル・マインドシーズン6 第14話「タクシードライバー(Sense Memory)」のあらすじと感想です。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

「タクシードライバー」のあらすじ

ロサンゼルスで女性誘拐・殺人事件が2週間で3件発生する。

 

どの被害者の死因も溺死だったが、エタノールで溺死していることと、左足の裏が切り取られているという共通点があった。

 

 

さらに司法解剖の結果、被害者はクロロホルムをかがされていることがわかり、計画的な犯行と見てBAUは捜査を開始する。

 

 

被害者が拉致されて遺棄された場所が広いエリアであることと、被害者の1人がその日地下鉄の最終に乗り遅れていたことから、犯人はタクシー運転手という見方が強まる。

 

しかし、事件当日稼働していたタクシー会社で該当するタクシーは見当たらず、ロッシはジプシーキャブではないか、と推測した。

 

ロサンゼルスには何千というジプシーキャブが走っており、ほとんどの運転手は未登録と予想され、犯人の割り出しは難航したかに見えた。

 

 

しかしある女性が、犯人であろうタクシー運転手と話したと名乗りを上げる。

 

 

女性の話を聞いたBAUメンバーは、犯人はタクシー運転手だという可能性をますます強めていく。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

「タクシードライバー」の感想

早い段階から犯人が誰だかわかって話は進行していきます。

 

というか、もうすでにタクシー運転手というのがバレバレですよね(^^ゞ

 

邦題からしてそうなので、ネタバレってほどでもないかな。

 

 

犯人がなぜメタノールで被害者を溺死させるのか、その理由はエピソードを見てからのお楽しみ、だったかな。

 

 

その犯人の動機にたどり着くまでがけっこうスリルがありましたし、直接犯人の割り出しにつながったのはリードの気づきによるものでした。

 

 

これも言いたいけど、エピソード見て

 

「うわあ~、リード素敵~♪」って絶叫してください(笑)

 

 

ここは笑えた(笑)

あ、そうそう、このエピソードであんまり重要なシーンでもないのですが、笑えたところがありました。

 

BAUメンバーがロサンゼルスに向かう機内でのこと。

 

事件の犯人についてメンバーがいろいろと意見を出している時にモーガンが、「ロサンゼルスは500平方マイルはあるからなあ」といったとき、リードがすかさず「498.3…」て訂正するんですね。

 

 

その時のモーガンの顔!!

 

「ったく、こまけえなあ」って表情がかなりツボにはまりました。

 

ここは見逃してほしくないなあ~(笑)

 

 

ちなみに、ロサンゼルス市域はサイトによっては498.3平方マイルだったり、500平方マイルちょっとだったりとばらつきがあったので、モーガンじゃないけど

 

「細かいことは気にするな!」ですね(笑)

 

 

エミリーにじわりと近づく恐怖

あ、ところでエミリーですが。

 

今回もエピソードの前後に話の続きが出てきます。

 

 

脱走したイアン・ドイルがまさかエミリーの居場所を~?
どうやって~?
ってドラマ臭さは隠しきれませんが

 

 

ドイルの雰囲気からするとそれも可能かも、って思えてしまうから不思議です。

 

 

また一歩ドイルがエミリーに近づいたという感じでブルっときますね~…

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

「タクシードライバー」キャスト

  • ヴァへ・ビージャン(Vahe Bejan) タクシーの運転手
  • ライアン・クリスチャンセン(Ryan Christiansen) 警察官
  • キムベリー・フォウラー(Kimberly Fowler) タクシーの乗客
  • マシュー・グレイブ(Matthew Glave) ベイリー刑事
  • ブラッド・ウイリアム・ヘンク(Brad William Henke) スティーヴ
  • ローガン・ホラディー(Logan Holladay) バイカー
  • ティモシー・V. マーフィー(Timothy V. Murphy) イアン・ドイル
  • ステイシー・オリスターノ(Stacey Oristano) アニサ・ゴールド
  • エリック・ラメイ(Eric Ramey) サミュエル・バヨ医師
  • ウウェ・シュヴァルツヴァルダー (Uwe Schwarzwalder) フランス人警察官
  • グレイ・スティーブンソン(Gray Stevenson) リンダ・ディーン
  • ステファン・トッド(Stephan Todd) リック・ホール警察官
  • ロベルタ・バルデラマ(Roberta Valderrama) バニース
  • ニコラス・パジョン(Nicolas Pajon) ND捜査官

 

 

「タクシードライバー」で引用された格言

モーガン: "Hunting is not a sport. In a sport, both sides should know they are in the game." Comedian Paul Rodriguez
(「ハンティングはスポーツじゃない。参加していることを片方は知らないのだから」ポール・ロドリゲス)

 

プレンティス: "Nothing revives the past so completely as a smell that was once associated with it." Novelist Vladimir Nabokov
(小説家のウラジーミル・ナボコフ「過去の記憶を何より克明に蘇らせるのは、それにまつわるにおいである」)

 

 

「タクシードライバー」で使用された曲

クリマイ挿入曲 バディ・ガイ「スメル・ザ・ファンク」(Smell the Funk by Buddy Guy)

 

 

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事も読まれています。