狙撃犯が暗躍するイリノイ!

多くの人で賑わう公園。

 

何気ない光景が、銃声で一転するイリノイ!

 

 

無差別に狙う狙撃犯、恐怖におののく市民。

 

 

よし、今回は狙撃の腕が試されそうよ、スペンサー!

 

 

え、適性試験落ちちゃったの?!

 

 

大丈夫かな、でもどんでん返しのラストに注目!

 

 

クリミナルマインドシーズン1 第6話「スナイパー(L.D.S.K.)」のあらすじと感想です。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

「スナイパー」のあらすじ

イリノイ州にある、Franklin(フランクリン) Park。

 

ここで遊んでいた市民3人が、遠距離から狙撃され、病院に運ばれた。

 

被害者は一命を取り留めたものの、みな腹部に銃弾を受けていた。

 

 

遠方から狙撃されている犯行の手口から、K.D.S.K.(Long Distance Serial Killers)のケースとしてプロファイリングが始まった。

 

 

犯行が起きた場所、時間から、犯人は警察官の巡回交代に合わせたかのように起こっている。

 

犯人は警察官、または司法に関連した職業についてる可能性が高いと推測される。

 

 

犯人をおびき出そうと、地元のSWAT(スワット)チームとともに、フランクリンパークに赴くBAU。

 

しかしそこでスワットチームの何者かが情報をマスコミにリークしたことを知り、犯人の特定を急ぐ。

 

 

一方、リードはホッチの手ほどきを受けたにもかかわらず、射撃の適性テストに不合格。

 

銃を持つことを禁止されてしまう。

 

がっかりするも
ギデオンから「犯人を殺害するために銃は必要ない」と言われ、その意味を知り納得する。

 

 

しかしあとでリードは、その意味を体験するような絶体絶命の危機に遭遇してしまう。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

「スナイパー」の感想

頭脳明晰なリードにも欠点があったんですね。
その人間臭さに、ますますファンになってしまいました(笑)

 

このエピソードで、キーになってくるのが
ギデオンの言う「犯人を殺害するために銃は必要ない」という意味。

 

これについてはギデオンの名言として
別記事にしましたので、興味があったらそちらを読んでください。

 

 

プロファイラーにとって「犯人を殺害するために銃は必要ない」

 

この気づきはすごく大事なことですし

 

見ている私達も、よりプロファイラーのことを理解できて実に興味深いですよ。

 

 

いつものように
「もしかしたら…」という犯人が何人か現れ、予測が2転3転してしまいますが、その予測不可能な展開がまた楽しいです(・∀・)

 

 

最後はホッチとリードが窮地に陥りますが、ギデオンの言う「犯人を殺害するために銃は必要ない」に従った見事な連携プレーで危機を脱出。

 

 

この件で、プロファイラーとして成長したリードに、ギデオンが帰りの飛行機の中で

 

「I'm proud of you.(君のことを誇りに思ってるよ)」というと、お父さんにほめられた息子のように照れくさそうに笑うリード。

 

いいですいいです!この2人関係。

 

回を重ねるごとに好きになってきます(*´ω`*)

 

 

この頃のクリミナルマインドは、このギデオンとリード
それからエルとモーガンの関係が好きですねー。

 

 

史上最悪の非道には
史上最強のプロファイリングで!

 

シリアルキラーに立ち向かえる、唯一の武器はこれなんですね。

 

 

学びあり感動ありで

 

BAU応援してます、頑張って~♪

 

なんて、思わず声援を送りたくなるようなエピソードでした。

 

 

あ、スペンサーが握手してる!

スペンサーは、初対面の人とはいつも握手をしません。

 

それがスペンサーですよね。

 

 

ところが、このエピソードでは、カルヴィン刑事と握手してました!

 

スペンサー・リード 握手

 

しかも、迷わずしっかりと。

 

ちょうど、事件現場に到着して、ホッチがカルヴィン刑事に自己紹介するシーンでした。

 

「スペンサーだから断るだろう」なんて期待していただけに、このスペンサーのリアクションには「へっ!?」

 

 

このときはまだ、「握手を拒む」というキャラではなかったようですね。

 

う~ん、かなりびっくりしました。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

「スナイパー」キャスト

  • ジョン・バートン(Jon Barton) SWATリーダー
  • コートニー・バクスター(Courtney Baxter) 叫ぶ少女
  • トニー・デニソン(Tony Denison) W. ウェインガート
  • ナイキ・ドゥーカス(Nike Doukas) シェリル・マーストン
  • マーカス・ジアマッティ(Marcus Giamatti) - Doctor Barry Landman
  • ティム・ホーリガン(Tim Halligan) Dr.ニール・アースタッド
  • カレン・カークランド(Cullen Kirkland) アダム・ミドルトン
  • トーマス・ルンベルク Jr.(Thomas Lumberg, Jr.) スコット・マッケイ
  • マット・マロイ(Matt McColm) SWAT隊員1
  • カルメン・モルミオ(Carmen Mormino) ジェリー・ミドルトン
  • サム・モイヤー( Sam Moyer) 若者
  • ポーラ・ニューサム(Paula Newsome) シア・カルヴィン刑事
  • アガサ・ノーウィキ(Agatha Nowicki) 若い女性
  • ティモシー・オマンソン(Timothy Omundson) フィリップ・ダウド
  • ケント・ショックネック(Kent Shocknek) ジョン・ジェンキンス
  • ダイアナ・ヤネズ(Diana Yanez) 看護婦長

「スナイパー」で引用された格言

ギデオン: Nietzsche wrote, "The irrationality of a thing is not an argument against its existence, rather, a condition of it."
フリードリヒ・ニーチェ「不合理というのは、何かの存在があり得ないことではなく、状況があり得ないことを言う。」

 

 

ホッチナー: Shakespeare wrote, "Nothing is so common as the wish to be remarkable."
ウィリアム・シェイクスピア「注目されたいという願いほどありふれた願いはない。」

 

 

「スナイパー」で使用された曲

ジェームス・ブラント「ティアーズ・アンド・レイン」(Tears and Rain by James Blunt)

 

 

ピクシーズ「ウェア・イズ・マインド?」(Where Is My Mind? by Pixies)

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事も読まれています。