あの捜査官に初ロマンスが!

美しいハリウッド若手女優が狙われる、連続殺人事件が発生!

 

 

次のターゲットになっている女優の身を守ったり、プロファイリングしたりと大忙しのBAUメンバー。

 

 

恋に落ちた捜査官て誰?!

 

その相手もついでに気になる!

 

まあまあここは落ち着いて(笑)

 

 

クリミナルマインドシーズン1 第18話「恋に落ちた捜査官(Somebody's Watching)」のあらすじと感想です。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

「恋に落ちた捜査官」のあらすじ

ロサンゼルス警察本部で、プロファイリングのセミナーに講師として来ていたリードとギデオンは、リードの高校時代の友人であるParker Dunley(パーカー・ダンレイ)の画廊に来ていた。

 

そこでダンレイからLila Archer(ライラ・アーチャー)という女優を紹介される。

 

 

ロサンゼルスを発つ当日、リードとギデオンを空港に送る準備をしていたキム刑事のもとに殺人事件の報告が入った。

 

現場は空港に向かう途中で、飛行機にのる前に現場に立ち寄ってみないか、とキム刑事に誘われたリードとギデオンは、キム刑事とともに殺人現場に向かう。

 

 

殺害されたのは映画女優のNatalie Ryan(ナタリー・ライアン)と彼女の婚約者だった。

 

 

ライアンは頭を撃ち抜かれ、婚約者は胸に3発銃弾を受けていた。

 

さらに防犯カメラにヘルメットをかぶったメッセンジャー風の人物が映っていた。

 

 

犯行の手口からキム刑事は、同じようなケースが2,3ヶ月の間に2件起きていると指摘。

 

被害者は映画プロデューサーのWally Melman(ウォーリー・メルマン)と、Chloe Harris(クロエ・ハリス)という、売り出し中の若手女優で、どちらも今回の事件に使われた同じ口径の銃で頭を撃ち抜かれていた。

 

 

今回の事件はシリアルキラーによる犯行と見たリードとギデオンは、クワンティコに戻ることをキャンセルし、この事件の捜査に協力することを決めた。

 

 

やがて他のBAUメンバーも現地入りし、本格的なプロファイリングが始まる。

 

犯人は、精神障害を患っていて、頻繁に妄想に取りつかれる「タイプ4の暗殺者」と分類された。

 

キム刑事と事件について意見を交しているところへ、Michael Ryer(マイケル・ライヤー)が訪れる。

 

彼はライラのマネージャーで、彼が言うにはライラが「お前は自分に借りがある」という手紙を受け取り取り乱しているというのだ。

 

 

リードを始め、ライラから事情を聞くBAUメンバーたち。

 

手紙がどういう経緯で手元に届いたということから、話は殺害されたナタリーやメルマンとの関係にまで及んだ。

 

ライラによると、ナタリーとは面識があったが友達というほどの仲ではなく、メルマンとはプロジェクトで何度か会ったが、メルマンは、ライラを起用せず、結局ナタリーをキャスティングしたという。

 

 

さらにライラは、毎月7日になると、自分の好きな赤いアネモネの花が彼女のトレイラーに届いていることを話し出した。

 

毎月7日や、7月に何か心当たりはないかとギデオンは聞くが、ライラには心当たりがなかった。

 

 

これまでの話をつなぎ合わせると

  • メルマンは、ライラを自分のプロジェクトに起用しなかったため犯人に殺害された
  • ライラの代わりに役を与えられたナタリーは、ライラのライバルとみなされたため犯人に殺害さた
  • もう一人の被害者、クロエは、ライラと外見がそっくりだったため将来のライバルと見られ、犯人に殺害された

と考えられた。

 

 

つまり、一連の事件の犯人は、ライラのストーカーのしわざだったのだ。

 

「ライラと恋に落ちるという妄想を抱き、彼女のクセなどを研究し、独身で孤独な20代後半」

 

というのが今回の犯人像だが、仕事中のライラのもとに警察に行ったことを避難する内容の手紙が届く。

 

 

手紙を読んだギデオンは、ストーカーはライラをよく知ってる人物が犯人だということを感じ取った。

 

そして、これまでライラにはまったく危害を加えなかった犯人だが、警察に行ったライラに怒りを感じていることから、その態度を変えてくるかもしれないと、警戒する。

 

 

ライラの護衛につくリードとモーガン。

 

一方ホッチナー、ギデオン、エルの3人がマイケルの事務所を訪れると、額を撃ち抜かれて死んでいるマイケルを発見した。

 

どうやらライラを警察につ入れて行ったために殺害されたらしい。

 

現場を調べていたエルは、何者かがマイケル宛に送りつけたライラのヌード写真を発見。

 

マイケルは、この写真をマスコミに流す代わりに金を要求された可能性が強く、封筒に書かれていた差出人、Joseph Martinez(ジョセフ・マルティネス)というパパラッチが容疑者として浮上した。

 

 

モーガンとキム刑事がマルティネスの自宅を調べると、盗み撮りをしたライラやナタリーの写真がごっそりと出てきた。

 

その中に、リードが写った写真を発見したモーガンは、モーガンはライラを護衛しているリードに電話をかけ、マルティネスが犯人かもしれないので十分気をつけるように警告する。

 

 

その時、通りすがりのバイクの運転手が突然モーガンとキム刑事に発泡、キム刑事は肩を負傷した。

 

 

ガルシアの調べで、ライラは赤いアネモネが好きだということを公言していないことがわかり、犯人はライラにとても近い人物と確証する。

 

 

ライラの部屋に飾ってあったコラージュを見ていたリードは、あることを思いつき、それを解体するが、ライラの思い出がたくさん詰まってるコラージュは、ひょっとしたらストーカーである犯人と関係しているようにも見える。

 

ライラからそのコラージュの贈り主の名前を聞いて言葉を失うリードだった…

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

「恋に落ちた捜査官」の感想

このエピソードはかなり前に放送されてますし、なんといってもスペンサーのロマンスが出てくるということで話題性も十分。

 

そのロマンスの描写は、いろんなブログで書かれているので知ってる人は多いと思いますが。
ちょっとこちらでも書いてみますね。

 

 

ライラの護衛をすることになったスペンサー。

 

窮屈さを感じたのか大胆にもライラは庭のプールで泳ぎ始めます。

 

そして「おいでよ!」と、スペンサーを誘うのですが、仕事中だから、危ないから上がってくれというだけのスペンサー。

 

そんなもじもじしているスペンサーをライラはプールに引っ張り込みます。

 

 

そこで抑えきれない気持ちを爆発させるかのようにキスする2人。

 

 

そう、恋に落ちた捜査官は、プールに落ちたスペンサーでした(笑)!

 

スペンサーとライラ
出典

 

 

といっても被害者と捜査官という関係なので、深入りしてはいけない、と理性を保とうとするスペンサーでしたが、美人でしかも女優が目の前にいて自分に好意を寄せているとなったら…

 

 

なかなか難しかったようです A^^;

 

 

このエピソードの最大の見所というと、やっぱりこの場面でしょうか。

 

 

動画も見つけたので、「あのシーンだけ切り取って観たい!」というときはどうぞ♪

 

 

 

 

事件が解決した後、ライラに対する気持ちを一生懸命理論的に理解しようとしていたスペンサーは、スペンサーらしかったです(笑)

 

ということで、最後のスペンサーとモーガンの会話も見どころですね~。

 

 

スペンサーのロマンスがかなりインパクト強かったので、犯人自体どうよ?

 

と思うかもしれませんが

 

意外な人物でわからなかったですね、最後まで。全然。

 

なので、こっちの方も気持ち的に盛り上がりましたよ。

 

 

最後嫉妬に狂った犯人の行動はかなりドキドキしました。

 

お決まりの事件終盤の緊迫場面ですが、飽きずに手に汗握りました(笑)

 

 

ライラについて触れるエピソードが後であるみたいですが、ライラとスペンサーの恋は、これで終わってしまったようですね。

 

そう思うと見終わった後、2人のロマンスの余韻が残って、それにしばらく浸ってしまいました。

 

このおかげで忘れられないエピソードになりましたね~。

 

 

 

銃の適性試験に落ちて、その問題を乗り越えたスペンサー。
そして今回は恋を体験したスペンサー。

 

また一つ大人になったかな、という気持ちにさせてくれたエピソードでした♪

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

「恋に落ちた捜査官」キャスト

  • ジョン・バートン(Jon Barton) SWATリーダー
  • イアン・アンソニー・デイル(Ian Anthony Dale) オーエン・キム刑事
  • アレハンドロ・フュルト(Alejandro Furth) ジョセフ・マルティネス
  • ジャッキー・ギアリー(Jackie Geary) ピンキー・ロバートソン
  • アンバー・ハード(Amber Heard) ライラ・アーチャー
  • ピーター・ヤコブソン(Peter Jacobson) マイケル・ライヤー
  • アンドリュー St.ジョン(Andrew St. John) ジェレミー・コリンズ
  • ケイト・ルイベン(Kate Luyben) ナタリー・ライアン
  • メラニー・マイロン(Melanie Mayron) ベッカ・ドイル
  • ジェイソン・オリーヴ(Jason Olive) パーカー・ダンレイ
  • キャサリン・ウィニック(Katheryn Winnick) マギー・ロウ
  • ハリー・イー(Harry Yi) リー刑事

 

 

「恋に落ちた捜査官」で引用された格言

ギデオン: Diane Arbus once said, "A photograph is a secret about a secret. The more it tells you, the less you know."
(ダイアン・アーバス「写真とは秘密についての秘密。多くを語る写真は謎もまた多い。」)

 

 

ギデオン: Bernard Shaw once said, "An American has no sense of privacy. He does not know what it means. There is no such thing in the country."
(ジョージ・バーナード・ショー 「アメリカ人はプライバシーの意味すらわかっていない。この国にそんな物は存在しないのだ。」)

 

 

「恋に落ちた捜査官」で使用された曲

クリマイ挿入曲 クール・アンド・ザ・ギャング(ftジャミロクワイ)「ハリウッド・スウィンギング」(Hollywood Swinging by Kool & The Gang (feat. Jamiroquai))

 

 

 

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事も読まれています。