拳が血に染まってる意味がわからないボクサー!

ボクシングで鍛えた拳が凶器に変わる!

 

やっかいなことに、当の本人は全く覚えていない。

 

 

血に染まった拳を止められるのはホッチたちだけ!

 

 

そしてホッチに新しい恋の予感…?!

 

事件解決して、ついでに恋も成就といこう!

 

 

クリミナル・マインドシーズン7 第10話「血に染まった拳(The Bittersweet Science)」のあらすじと感想です。

スポンサードリンク

「血に染まった拳」のあらすじ

フィラデルフィアで、昨夜2人の男性が鉄パイプで殺害された。

 

2人とも激しく殴られた上、顔に布のようなものを被せられていた。

 

ここまで激しく殴ったのにもかかわらず、犯人は殺害後、遺体を木枠に座らせ、首の血を拭きとった形跡があり、犯行後犯人は後悔の念に駆られている様子が伺えた。

 

そして、両被害者ともほんの何分という、わずかの間に殺害されており、防御創があった。

 

通常、たまたまそこにいた2人の男性が、同じ人間に向かっていくとは考えにくいので、喧嘩に長けているという犯人像が浮かび上がる。

 

 

 

現地で現場検証をするモーガンとプレンティス。
殺伐としたこの場所に、なぜ被害者が来たのか。

 

周りを見渡したモーガンは、近くに大きな病院があることを発見する。

 

 

その後の調べで、被害者のうちの一人は、事件当日この病院でボランティア活動をしており、軽い食事を買いに、午後11頃病院を出ていたということがわかった。

 

もう一人の被害者は、フィラデルフィアのホテルに滞在していて、その時間帯に夕食を食べに出かけたという。

 

被害者同士の面識はなく、たまたま知り合い、犯人は個人的な恨みで殺害したのではなかった。

 

 

 

捜査を勧めている中、新しい事件が発生する。

 

被害者はやはり2人で、犯人はこぶしで、被害者の頭蓋骨が割れるほど殴っていた。

 

前回の事件のように、被害者の血を拭くといった後悔の念は感じられず、犯人は明らかに流血への欲求が高まっている。

 

 

ホッチナーたちは犯人のプロファイルを発表する。

 

  • 犯人は運動選手のような、身体的に健康な20代から30代前半の白人男性。
  • はじめは殺人に対して後悔の念を持っていたが、今は流血の欲求に味を占めているとみられる。
  • 流血の欲求とは、血を見ると体からアドレナリンとドーパミンが放出され、暴力がエスカレートし、殺人へと駆り立てることである。
  • 犯人はうつを患っているか、人生は何をやってもうまくいかない、と絶望している。

 

 

その後の調べで、被害者は共通して、同じ部分にパンチを受けていることから、犯人はトレーニングを重ねている者、ボクサーという可能性が強くなった。

 

 

また新たな殺人事件が発生、さらにあるボクシングトレーナーが行方不明になっていた…

 

 

スポンサードリンク

「血に染まった拳」の感想

犯人は始めから登場して話が進みます。

 

ホッチたちが推理したとおり、ボクサーなんですが

  • 負けっぱなしで「パンチングバッグ」というあだ名がついている
  • 最近妻と離婚した
  • 白血病の子供を抱えている

 

というふうに、あまりいい人生を送っていなかったようですね。

 

こうした不満が殺人に結びついているのでしょうか。
なんかその動機がはっきりしなくて、特に最初の殺人、ただ凶暴になって殺害しているという犯人のイメージが強くなって、犯人がすごく嫌いになりました。

 

だいたい流血を見て興奮し、相手を殺害する、という心理があんまり理解できないからかもしれませんね。

 

ボクサーになったら理解できるのだろうか(汗)

 

 

事件の最後ホッチが犯人に、「息子には残されている時間が少ない、最期は父親らしく見送って欲しい」というアドバイスどおり、父親らしく子供に話しかけるんですが、確かにぐっとくるようないいセリフを言うんですよ。

 

 

ホッチもポロッと涙をこぼすような
(あ、この場面は見逃せないかも!)。

 

 

当然私だったらここで号泣なはずなんですが、犯人があまりにも身勝手に人を殺して、しかも残酷に。

 

それがあるので全く涙は出ませんでした。

 

 

まあ、嫌いな犯人の話はこれくらいにしておきますね。

 

 

ホッチとベス

とうとう、ホッチに春が訪れます~♪

 

トライアスロン大会に控えて練習中のホッチが知り合ったのはBeth(ベス)という女性。
クリミナルマインド7 第10話「血に染まった拳」のあらすじと感想
Criminal minds wikiより引用)

 

 

笑顔がキュートな方です(*´∀`*)

 

ヘイリーとはあまりに似ていませんね。

 

 

ベスもホッチと同じように、トライアスロン大会の練習をしていたんですね。

 

サイクリングが苦手なベスに、アドバイスするため、2人は「(ホッチの)事件解決後会おう」という約束をします。

 

 

さっと自分の名刺渡したり、ホッチのスーツ姿知ってたり、ベスはすでにホッチに好意を寄せていたのかも!

 

 

まあ、それは置いといて A^^;

 

ホッチのロマンスはすぐにBAUメンバーにも広まり、デートを躊躇しているホッチに、「ベス、いい名前じゃないか~!君は幸せになるべきだよ!」と、必要以上にヨイショするロッシ(笑)

 

パソコンから飛行機内のメンバーに向かって、ホッチと相手の探りを入れるガルシア

 

それから、「やもめと未亡人を比べると、やもめのほうが未亡人よりも早く相手を見つけてデートするのに、ホッチにはそのデータが当てはまらない、2年と19日も独り身だ!」と、驚くリード。

 

みんなのリアクションに笑えました。

 

 

このロマンス、どうなるんでしょうね~?

 

 

あ~、シーズン7もやっぱり見逃せません!

 

 

スポンサードリンク

「血に染まった拳」キャスト

  • ジル・アレキサンダー(Jill Alexander) ジョアンナ・カールトン検視官
  • アビー・ブラメル(Abby Brammell) パム・ホール
  • ティム・デイヴィス(Tim Davis) ジェイソン
  • チャールズ・S. ダットン(Charles S. Dutton) トニー・コール
  • マット・フルーレ(Matt Fleuret) ジョー
  • サンドラ・ジェノヴェーゼ(Sandra Genovese) ビリー
  • ショーン・ハトシー(Shawn Hatosy) ジミー・ホール
  • ケン・ラリー(Ken Lally) ジャック・メッスマー
  • ラディック・マヌキアン(Ludwig Manukian) ラジ・サナ医師
  • デヴィッド・マズーズ(David Mazouz) ライアン・ホール
  • ローマン・ミッチアン(Roman Mitichyan) フラッシュバックのときに現れたボクサー
  • マーカス・ナティビダード(Marcus Natividad) ボクサー
  • ジェッセン・ノヴィエロ(Jessen Noviello) モンティ
  • ショーン・キャスリン・オーコナー(Sean Kathryn O'Connor) ジーン・ベラミー医師
  • リッチー・パーカー(Richie Parker) ボクサー
  • ジェレミー・ラディン(Jeremy Radin) 男性
  • ケルシー・スコット(Kelsey Scott) 救急隊員
  • ガスティン・スミス(Gustin Smith) ボクサー
  • レイ・ステファネリ(Ray Stefanelli) レフリー
  • ベニー・ユキーデ(Benny Urquidez) MMAレフリー
  • トーリー・ヴォーゲル(Torrey Vogel) フランク
  • マーク・ウィザース(Mark Withers) ルー・マンゾーニ
  • ベラミー・ヤング(Bellamy Young) ベス・クレモンス

「血に染まった拳」で引用された格言

ホッチナー: "Everybody wants to go to heaven, but no one wants to die." — Joe Lewis
(「誰もが天国へ行きたがるが、死にたがる者はいない」ジョー・ルイス )

 

ホッチナー: Hermann Hesse wrote, "Some of us think that holding on makes us strong, but sometimes it is letting go."
(ヘルマン・ヘッセ「しがみつくことで強くなれると言う者もいるが、手放すことで強くなる時もある」)

「血に染まった拳」で使用された曲

クリマイ挿入曲 カサリン・カルダー「ターン・ア・ライト・オン」(Turn a Light On by Kathryn Calder)

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事も読まれています。