警察官がターゲットに!

アリゾナ州で警察官が次々に狙われる事件発生!

 

 

犯人は、ギャングとの見方が濃厚、でも、もしかしたらシリアルキラーの可能性も!

 

 

単なる恨みによる犯行ではないと、プロファイリングするホッチたちが突き止めた犯人とは…?

 

 

 

クリミナル・マインドシーズン4 第10話「殉職警官(Brothers in Arms)」のあらすじと感想です。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

「殉職警官」のあらすじ

クリミナル・マインド4第10話殉職警官

出典

 

アリゾナ州フェニックスで、地元警察官が4日間で3人射殺される事件が発生した。

 

地元では、ギャングによるものとの見方がほとんどだったが、被害者の首を撃ちぬいて絶命させていたことや、犯行後、被害者の警察バッジを盗んでいたことから

 

単なるギャングによる犯行とは考えにくかった。

 

 

 

殺害が起こった現場を訪れたモーガンとプレンティスは、ここはPlayboy(プレイボーイ)というギャングリーダーの縄張りで、彼は以前大変仲が良かった補佐役の
BobbyQ(ボビーQ)が何者かに射殺され、その一件で警察をひどく憎み、「皆殺しにする」と触れ回っていたことを知る。

 

 

 

BAUメンバーによってプロファイリングが進められる中、また新たな事件が発生してしまう。

 

 

犠牲になったのはMark(マーク)巡査で、犯人の通報によっておびきだされ、被害にあってしまった。

 

 

そしてついに警察は、プレイボーイ逮捕に踏み切る。

 

 

 

プレイボーイを取り調べるモーガン。

 

彼は犯人について何かを知っている、と確信した時、またもや警察官が発泡される事件が発生した。

 

 

「この件で犯人死亡」

 

それを受けて、警察官連続殺人事件は終わった、というムードが署内に流れるが、ホッチナーたちは、犯人は別にいると信じていた。

 

 

犯人は本当に死んだの?
犯人が警察官をターゲットにする理由は?

 

事件の全貌が徐々に明らかになっていく…

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

「殉職警官」の感想

犯人が最後に登場し、しかも1分もでてた?

 

あ、セリフがない!

 

 

という、犯人の出番が圧倒的に少なかった珍しいエピソードです^^;

 

 

話の展開としては面白かったのですが、あまりの犯人の出番の少なさにびっくりしてしまいました。

 

初めはファイトクラブで負け続けた腹いせに、一番強い男を射殺。
そして徐々にエスカレートして、ついには警察官にターゲットをシフトしましたね。
最後はFBI捜査官のホッチを手に掛けようとするとは!

 

全く、欲出しすぎ!

 

「銃を持ってる自分最強」と過信してたようですね。
最後は逆に罠にハマっておしまい。

 

そしてプレイボーイに復讐されたときはびっくりしましたが、罪もない命をたくさん奪ったのだから仕方ないですね。

 

 

このエピソードの見どころは、BAUメンバーと警察官たちとの隔たりですね~。

 

犯人は絶対にギャング絡み、と信じて疑わない地元警察に対して、「犯人は他にいる」と断定してプロファイリングを続けるBAUメンバーたち。

 

これは物語で、シナリオ通り話が展開していくので、BAUの言ってることが正しい、と、迷わず信じますが、本当のプロファイラーの場合は、見えない犯人の特徴をあぶり出していくわけですから、プロファイリングのほうが正しいとなかなか信じられない、というときもあるでしょうね。

 

 

ホッチのように自信満々に「プレイボーイは犯人じゃない」と言い切るためには、正確なプロファイリングが求められるでしょうし。

 

プロファイリングって大変な仕事だと思います><

 

 

このエピソードの中で私が一番好きなのは、事件が解決したあと。

 

 

印象に残る場面なので、それについてはこちらにまとめたので、読んでみてください♪
⇒ モーガンの"2つの握手"がとても印象に残ったシーズン4#10

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

「殉職警官」キャスト

  • スターリング・D.・オードリー(Sterling D. Ardrey) 少年時代のデレク・モーガン
  • ケヴィン・スコット・アレン(Kevin Scott Allen) バーテンダー
  • ジョン・バートン(Jon Barton) SWATリーダー
  • アレクサンダー・ベッドリア(Alexander Bedria) 警察官
  • C.J. ・ブラウン(C.J. Brown) 少年
  • ダレル・ブライアン(Darrell Bryan) 父親
  • キース・バーク(Keith Burke) ハンク・モーガン
  • ジェイムス・グレゴリー・キャップス(James Gregory Capps) ロサンゼルスの警官
  • シェーン・コンラッド(Shane Conrad) マーク・カニングハム警察官
  • ギレルモ・ディアス(Guillermo Díaz) プレイボーイ
  • ホリス・ドハーティ(Hollis Doherty) マギー・カニングハム
  • アンドレ・G.・エリングソン(Andre G. Ellingson) 警察官
  • ボー・フォックスワース(Bo Foxworth) ロン・マーサー警察官
  • ジェラルド・ガーナー(Jerald Garner) モルグワーカー
  • メタ・ゴールディング(Meta Golding) ジョーダン・トッド捜査官
  • クリストファー・グッケンベルガー(Christopher Guckenberger) パンク
  • リード・ハーパー(Reed Harper) 少年
  • ゾーカイ・ホルメス(Zokai Holmes) 狙撃手
  • チャールズ・ホイス(Charles Hoyes) セルビー外科医
  • ロディー・ジェサップ(Roddy Jessup) ドーズ外科医
  • ダグ・ジョーンズ(Doug Jones) ビーニー
  • ※「テネシーの吸血鬼」に、強盗犯のドミノ・サッカー役で出演
  • スティーヴ・ノール(Steve Knoll) 警察官
  • ジェイク・マクラフリン(Jake McLaughlin) トーマス・カイザー刑事
  • マーク・ペレグリーノ(Mark Pellegrino) エバンス警部補
  • エディー・ペレズ(Eddie Perez) ディアブロ
  • ジョー・レガルブート(Joe Regalbuto) マークス署長
  • マリア・ラッセル(Maria Russell) ポリスオペレーター
  • ロベルト・サンチェス(Roberto Sanchez) マヌエル・ロドリゲス外科医
  • ※「一家惨殺事件」では、SWAT隊員として出演
  • ディラン・スプレイベリー(Dylan Sprayberry) サム・カニングハム

 

 

「殉職警官」で引用された格言

モーガン: "We are all brothers under the skin and I, for one, would be willing to skin humanity to prove it." – Ayn Rand
(「ひと皮むけば人は皆同じ。私はそれを証明するために、人間性の皮を剥ぎ取りたい」アイン・ランド)

 

モーガン: "For he today who sheds his blood with me shall be my brother." – William Shakespeare
(「今日 私と血を流す者は我が兄弟となる」ウィリアム・シェイクスピア)

 

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事も読まれています。