あの極悪シリアルキラーが再登場!

クリミナルマインド9 66号線

 

 

カンザス州でティーンネイジャーが謎の失踪、誘拐したのは実の父親?!

 

目的を達成するため、娘の前で凶悪犯ぶりを現す、そしてとまどう娘。

 

 

よ、よし30分後に…

 

ちょ、ちょっとホッチが意識不明に?!

 

 

ホッチ~!!

 

 

ホッチの無意識下で繰り広げられる、切ないストーリーにも注目!!

 

 

観終わった後は、懐かしさと切なさがググっとこみ上げてくるかもよ。

 

 

クリミナル・マインドシーズン9 第5話「66号線(Route 66)」のあらすじと感想です。


スポンサードリンク

「66号線」のあらすじ

カンザス州ウィチタ。

 

16歳のSamantha Wilcox(サマンサ・ウィルコックス)は、ボーイフレンドと車の中にいたところ、実の父親のEddie Lee Wilcox(エディー・リー・ウィルコックス)に連れ去られてしまう。

 

 

サマンサのボーイフレンドは、エディーに激しく殴られ、顎の骨が折れた上脳震盪を起こして病院に運ばれた。

 

エディーは、仮釈放中の身で、過去に自動車泥棒や障害といった逮捕歴があり、かなり危険な人物と危険視されていた。

 

 

事件についてBAU内でミーティングが開かれる。

 

エディーの元妻で、サマンサの母親Melody(メロディー)が再婚することがわかり、それが引き金になったのでは、と、ホッチナーたちは予測する。

 

 

そして、ミーティング終盤辺りで、ホッチナーは突然意識を失って倒れてしまうのであった。

 

ホッチナーは、リーパーことジョージ・フォイエットに刺された古傷から内出血を起こしたため、緊急手術が行われる。

 

 

ロッシは機内にいるメンバーたちにホッチナーの状態を伝え、その他のメンバーたちはウィチタへ飛び、ウィルコックス父娘の行方を追い続ける。

 

 

エディーは筋金入りの犯罪者。
懸命の捜査が続けられるが、とうとうエディーによる殺人事件が発生してしまった。

 

 

 

一方、もうろうとした意識の中、ホッチナーは不思議な体験をする…

 

 

スポンサードリンク

「66号線」の感想

自分の娘を拉致して逃亡を続ける男の捜査を続けるBAUメンバーたちの活躍と平行して、フォイエットに刺された傷がもとで、意識を失ってしまったホッチ。

 

無意識の中で、なんとヘイリーとフォイエットに再会という展開でした!

 

 

ヘイリーとまさかの再会。
そしてフォイエットも出てくるとは!

 

どちらも全く予想していませんでしたよ~。

 

メンバーが無意識中に過去を回想したり、亡くなった身内と再会するのは過去のエピソードでも何度かありましたよね。
なので話の構成はそんなに目新しくはないのですが、なんといってもホッチの亡き妻ヘイリーと、クリマイ史上最悪のシリアルキラー、フォイエットが登場するということでかなりドキドキしました!

 

 

66号線(U.S. Route 66)

クリミナルマインド9 第5話「66号線」のあらすじと感想
出典

 

 

このエピソードの題名となった66号線は、アメリカのイリノイ州シカゴから、カリフォルニア州サンタモニカをつなぐ旧国道。
その長さは全長3,755kmにも及び、「ルート66」として、多くの人々に親しまれました。

 

今回舞台となったカンザス州も、66号線上にありました。

 

 

1926年に開通した66号線は、1985年に廃線となってしまいますが、映画や音楽でも取り上げられていたので、名前だけでも知っている人も多いのではないでしょうか。

 

 

かなり古いのですが、私はナット・キング・コールの「ルート66」でその存在を知り、「この曲聴きながら、通ってみたいな~」なんて憧れた時期もありました。

 

 

 

フォイエット、ヘイリー、ホッチの関係について

すでにご存知かと思いますが、フォイエットはホッチがBAUに入管して初めてプロファイリングを手がけたシリアルキラー。

 

シーズン4の中盤くらいから時々登場し始めて、シーズン5第9話「死神との決着」でヘイリーを殺害します。
そしてフォイエットも、ホッチとの死闘で絶命します。

 

 

ホッチが意識を失った原因を作った傷というのは、シーズン5第1話「死神の再来」で、フォイエットに刺された時のものです。

 

 

こんなフォイエットは…

ヘイリーとホッチが二人でジャックの成長や、ホッチの恋人ベスの姿を観ているところに現れたのが…

 

あのフォイエット!!

 

ホッチじゃないけどギクッとしますよね。
ヘイリーが招待したといいますが、隣りに座ってポップコーン食べながら、ヘイリーのお腹を銃でズドン!

 

焦ってるのはホッチだけで、ヘイリーも涼しい顔しているし、もう何がなんだかよくわからん!

 

 

そして、登場したフォイエットは昔のドロドロしたイメージは全くなく。

 

陽気なおっちゃんといった感じでした。

 

 

(・o・)

 

 

こんなフォイエット正直観たくなかった_| ̄|○

 

 

もしかしたらそろそろヘイリーとフォイエットの過去から解放されて歩き出す時期が来た、といった意味で登場させたのかもしれませんが、今回のフォイエットには違和感ありまくりです。

 

 

特にあのアロハシャツっぽいシャツは><

 

 

フォイエットは、あの昔の、とことんダークなフォイエットのキャラが良かったのに…(まあ、いい人を装うこともあったけど…)

 

う~ん、なんかがっかりです。

 

 

ヘイリーとホッチ、なんか切ない

まさかこんな形でホッチとヘイリーが再会するとは。

 

びっくりしましたが、二人の再会は、嬉しかったです、というか感動的でしたね。

 

ホッチやっぱりヘイリーのこと忘れられなかったみたいですね。
そんな気持ちが表情に溢れ出てて辛かったです。

 

ヘイリーとは嫌いで離婚したわけではないし、死別ですからね。

 

 

最後はヘイリーから励ましの言葉と結婚指輪を受け取ったホッチ。
これから前に歩いていけるのでしょうか。

 

 

ベスとジャックを大事にしてね!

 

 

あ、ロッシ!

ホッチがヘイリーと劇場の前で最後の言葉を交わしていた時、ふと車の運転手の顔を観たら…

 

クリミナルマインド9 ロッシ ドライバー

 

 

あ、ロッシ!!

 

そうなんですよ~、ロッシが運転手なんですよね(笑)
ちなみに、ホッチがヘイリーと別れるとき、ロッシ運転手は車の外に出て待っているので、よりよくわかりますよ♪

 

 

そういえばロッシが運転手になっていた車、スペンサーとロッシがエピソードの始めで見ていたあのレトロな車と同じ型のようです。

 

その時は「Torpedo(トーピード)C-body」と言っていましたが、クリミナルマインドウィキを調べたら「The 1947 Buick Special Series Model 41」1947年型ビュイックスペシャルシリーズモデル41というそうなんです(車に詳しくなくてスミマセン(;・∀・))。

 

 

さらに、このビュイック、持ち主はなんとロッシことジョー・マンテーニャ本人なんですね!

 

なんでもジョーが19歳の時に友人が見つけたこのビュックに一目惚れ。
お父さんから1日前にもらった1956年型シボレー・ベル・エアーを売り飛ばして手に入れたんだそうです(笑)

 

ビュイックを手に入れた時、ジョーはイリノイ州にあるモートン大学の学生で、「アポクリファス」という音楽バンドで活動していました。

 

そしてビュイックはジョーたちの足になっていたそうです。

 

 

その当時の写真
↓↓
ロッシのバンド時代

 

 

さてロッシは誰でしょうか~?!

 

 

答えは、一番左側のイケメン君です^^

 

 

 

なるほど~、ヘイリーとホッチの再会シーンは、いろいろと凝ってますよね~。

 

 

凝ってるついでにもうひとつ。

 

ビュイックの車のナンバーは、「509 905」になっていましたが、これは今回のエピソード(シーズン9第5話)と、ヘイリーを亡くしたエピソード(シーズン5第9話)の意味です。

 

この2つのエピソードは数字が反転しているんですね。

 

 

さらに、今回のエピソードはフォイエットがホッチを刺したエピソードから100話目。

 

 

ということでお互いのエピソードが関連している、ストーリーアークになっているわけです。

 

 

にしてもホント、凝ってますよね!

 

 

 

ヘイリーとホッチ、フォイエットの場面の印象がやっぱり強烈だったので、その感想ばかりになってしまいましたが、今回の事件の展開はなかなか良かったです。

 

良かった、といっても、犯人が同情できるような人間というわけではありません。
むしろその反対。

 

自分の目的のためにひとを傷つけることもいとわない、凶暴な男です。

 

 

良かったのは最後ですね。

 

 

娘を思う父親の気持ちにうたれました(´;ω;`)ウッ…

 

 

どんな父親でも親は親なんですね。

 

こんなにいい娘を持ってるのに、ホントにバカ親父!

 

といいたくなりますが、終わり方がとても良かったです。

 

 

ホッチのエピソードも、事件のエピソードも、どちらもジーンと来る内容でした。

 

 

その意味で、忘れられないエピソードになりました♪

 

 

スポンサードリンク

「66号線」キャスト

  • グランビル・エイムズ(Granville Ames) ガソリンスタンドの店主、デイモン・ターナー
  • モリー・ベイカー(Molly Baker) ジェシカ・ブルックス
  • ラジェス・ボス(Rajesh Bose) 執刀医
  • クリスティアーナ・ブリューワー(Christina Brewer) ナース
  • エミリー・ダーム(Emily Dahm) サマンサの友人
  • マディソン・ダベンポート(Madison Davenport) サマンサ・ウィルコックス
  • C. トーマス・ハウエル(C. Thomas Howell) ジョージ・フォイエット
  • ブルース・カッツマン(Bruce Katzman) 執刀医
  • メレディス・モンロー(Meredith Monroe) ヘイリー・ブルックス
  • ケイド・オーウェン(Cade Owens) ジャック・ホッチナー
  • デヴィン・ルマー(Devin Rumer) 救急隊員
  • トッド・スタシュウィック(Todd Stashwick) エディー・リー・ウィルコックス
  • コートニー・テイラー(Courtenay Taylor) メロディー・グリムス
  • アンジェラ・K. トーマス(Angela K. Thomas) 救急隊員
  • コリン・ウッデル(Colin Woodell) トミー・バーンズ

「66号線」で引用された格言

ホッチナー: "Life is a dream, realize it." — Mother Theresa
「人生は夢。かなえなさい」マザー・テレサ)

「66号線」で使用された曲

クリマイ挿入曲 デラ・スウィス「オンリー・ユー」(Only You by Della Swiss)

 

 

 

クリマイ挿入曲 ニコナ「トレイン・ソング」(Train Song by Nocona)

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事も読まれています。