セリフと意味が気になった「ジュニアGマン」

クリミナルマインド2第20話「ロシアン・マフィア」でのセリフです。

 

このセリフを言った時のリードの表情がよかったし、「ジュニアGマン」の意味って?

 

 

ジュニアGマンについて調べてみたら、実際にあることだったんですね~。

 

 

リードのセリフが出た場面と、この「ジュニアGマン」について今回はご紹介します♪

 

 

 

 

 

セリフが出た場面

ロシア移民のセルゲイ・チェルナスが誘拐され、身代金を要求する手紙と、セルゲイと見られる指が家族のもとに送られたことから、犯人の捜査に乗り出したホッチたち。

 

ロシア移民社会ではロシアンマフィアによる犯罪が多発していて、今回もマフィア絡みの犯行と見られたのですが、通常マフィアたちは一般市民を巻き添えにすることはない、ということから、チェルナス家にはなにか裏があるのでは、と推理したリード。

 

リードは、ガルシアにチェルナス家について調べて欲しいと電話で伝えます。

 

そしてガルシアは快諾しリードに言います:

"I will compile and reconnect forthwith, Junior G-man."
(資料を集めてすぐに連絡するわね、ジュニアGマン)

 

 

電話を切った後、リードがつぶやいたのが

 

”Junior-Gman?”
(ジュニアGマン?)

 

でした!

 

 

この時のリードの「??」っていう顔がすごく面白かったです。

 

 

このリアクション最高、名場面に決定だよ、リード(笑)!

 

 

 

GマンはFBI捜査官のことなので、少年FBI捜査官、という意味なのでしょうか。

 

リードはガルシアにも子供扱いされていますね^^;

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

実在した「ジュニアGメンクラブ」

ところで、ジュニアGマンについて気になったので調べてみたら、実在していたんです!

 

「Junior G-Men(ジュニアGメン)」というのは、アメリカで1930~1940年代に人気を集めたボーイクラブのことなんですね。

 

元FBI捜査官のメルヴィン・パーヴィスが、1936年ラジオプログラム「ジュニアGメン」のホストを務めたことから人気が高まり、リスナーは「ジュニアGメン」クラブに参加することができるほか、ジュニアGメンバッジやマニュアル、それからシークレットエージェントの小道具などがもらえたそうです!

 

うわあ、これ私も欲しい~!

 

すでにジュニアGメンクラブはないというのが残念。

 

こちらがメルヴィン・パーヴィス(1903-1960)
リード:「ジュニアGマン?」
出典

 

 

そしてこちらが当時送られてきたというジュニアGマンバッジ。
ジュニアGマンバッジ
出典:The Digital Deli Too

 

 

こんなバッジが送られてきたら、もう嬉しくて仕方ないでしょうね~。

 

大人の私でも大興奮するくらいですから^^;

 

パーヴィスがポストトースティーズというシリアルの顔になり、その時のジュニアGメンクラブのバッジが別のデザインになってたりして、そのたびに全て揃えていた子供もたくさんいそうです(笑)。

 

 

その後ジュニアGメンは、警察や非営利団体のサポートにより、ボーイスカウトに取って代わる存在まで成長しました。

 

さらに当時の世相を反映してかFBIによる”犯罪に対する戦い”キャンペーンの一環として、マスコミに取り上げられるようになりジュニアGメンクラブを取り扱ったマンガや小説、それから映像化もされています。

 

自分がまるでFBI捜査官になったかのような体験ができるところが、好奇心旺盛な子どもたちに受けたのかもしれませんね。

 

 

これがきっかけっで本当のGマンになった人がいるかもしれないし。

 

 

にしてもガルシアは一体どこからジュニアGメンクラブを知ったんでしょうね。

 

もしジュニアGメンクラブが今も続いているとしたら、きっとスペンサーは子供の頃入っていそうな気がします^^;

 

だってイメージにしっくりくるんだもん、リードとジュニアGメンクラブが。

 

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事も読まれています。