ガルシアらしいセリフ!

虐殺の儀式 ガルシア

 

 

クリミナルマインド・シーズン1第16話「虐殺の儀式」は、おぞましい事件でしたよね。

 

インディアン居留地で起こったこと、しかも殺害方法が儀式めいていて、気持ち悪かったです。

 

 

でも、そんなグロさを中和させるようなハプニングも、エピソードには絡められていました!

 

 

ガルシアのセリフもその一つ。

 

「ガルシアはシーズン1からガルシアだったんだ~」って嬉しくなってしまったので、ご紹介しますね。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 


セリフが出た背景

ブルペン前で一人の男性とすれ違ったガルシアは、そのイケメンさに思わず足を止めてしまいます。

 

男性は、迷わずBAUのブルペンに入っていきました。

 

フラフラフラ~と、釣られるようにガルシアも中に。

 

 

エルらとそのイケメン君をチラチラと見るガルシア。

 

 

そしてな、なんと!!

 

 

そのイケメン君が近づいてくるではないですか。

 

 

ガルシアに近づいたイケメン君。
ガルシアの手を取ってひざまずくと、って、これはたぶんガルシアの頭の中ですね(笑)

 

「ショーン」と名乗ったイケメン君は、ガルシアになにか聞こうとしたのですが、その時モーガンが「ショーン!」と、再開を喜ぶハグ。

 

さらに、モーガンから驚きの言葉が。
「兄ちゃん探しているんだろ?」

 

「そのとおり!」と言わんばかりにショーンはホッチのオフィスに進んでいきました。

 

 

 

 

 

ショーンはホッチの弟に衝撃を受けるガルシア

ショーンがホッチの弟とわかったガルシアですが、かなり衝撃を受けているようです。

 

「兄って、あのイケメン君がホッチの弟!?」と、再確認。

 

よっぽど衝撃的だったんですね。

 

そして、次に出たのが名セリフ。

 

"Maybe hotch is adopted."
(ホッチは養子なのかも)

 

ちょっと~、ガルシアそれは言い過ぎでは(汗)

 

 

確かにショーンとホッチは似てませんし、ショーンは白馬に乗った王子様系のイケメン。

 

虐殺の儀式 ショーン

 

 

でもホッチだってハンサムですよね?
ショーンとはまた違ったタイプの。

 

虐殺の儀式 ホッチ

 

 

私も初め、ショーンとホッチは兄弟だとは全く想像していませんでしたが。
私のびっくりは、ガルシアのそれとは比べ物になりませんね(笑)

 

 

ドラマの初期はメンバー一人ひとりがキャラを作るために試行錯誤していた時期。
ガルシアは、今と変わらず面白いですよね。

 

それがわかっただけでも嬉しい!

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事も読まれています。