漫才かっ?!

初対面のガルシアとルーク

 

クリミナルマインド12第1話『クリムゾンキング』で、新たにBAUの仲間入りをした、ルーク・アルヴィス捜査官。

 

「あ~あ、モーガンがいなくなってがっかり」と、思った人も多いのではないでしょうか。

 

それはガルシアも同じ。

 

ルークとエレベーターで偶然乗り合わせたガルシアですが、ルークに敵意むき出しの様子に笑えました。

 

そして2人の会話、よく聞いたら漫才みたい!

 

ということで、この記事では、2人のやり取りを、ツッコミをたっぷり入れながらご紹介したいと思います(笑)

 


スポンサードリンク

プライベートな話をしないってウソでしょ!?

同じエレベータに乗るガルシアとルーク。

 

気まずい雰囲気を和ませようと、ルークは、ツンツンしているガルシアに話しかけます。

 

ルーク:"How was your weekend?"(週末どうだった?)

 

ガルシア:"I don't really discuss my personal life with my co-workers."(私、同僚とはプライベートなことは話さない主義なんです。)

 

ルーク:"Really?"(本当に?)

 

ガルシア:"Yeah, I keep it real low-profile here."(ええ。目立たないように行動していますので。)

 

プライベートな話どころか…
家族愛をにじませているじゃない!

 

と、思わず突っ込んでしまいました。

 

従来のBAUメンバーと、ルークに対するこの温度差。
ガルシアだからなおさら、おかしくて仕方ありませんでした。

 

スポンサードリンク

フィンガリングテクニック…誰でも誤解するよ!

「プライベートなことを話さない」といいつつ、「すっごいかっこいい彼氏に愛されている」と、プライベートを暴露し始めるガルシアさん(笑)。

 

「あれ?プライベートなこと言わない主義じゃなかったっけ?」と、ルークも多分思ったでしょう。
でも、そんなことにこだわらず、ルークはガルシアの話につきあいます。

 

ルーク:"That's cool. You guys go out or..."(そりゃいいや。君たちでかけたりするの、それとも…)

 

ガルシア:"No. We stayed in and he helped me with some fingering techniques."(いいえ。私達家で過ごしたの。彼が「指いじりのテクニック」を教えてくれて。)

 

「指いじりのテクニック」にルークが「えっ?!」という顔で反応、そしてガルシアはみるみる怪訝そうな顔つきになってルークを見ます!

 

ガルシア:"For my clarinet, which I practice and he helps me, and this conversation is making me unconfortable, and I'm sorry I must go. Agent Hotchner needs me." (クラリネット習っているのよ、彼が教えてくれるの。この会話、とっても不快だわ。ごめんなさい、行かなくちゃ。ホッチ捜査官に呼ばれているの。)

 

 

「フィンガリング・テクニック」だなんて、ガルシアが言うから、ルークじゃなくても、ソッチのほうを連想してしまいますよ(笑)!

 

モーガンだったらどんなふうに返していたでしょうね。

 

自分から話題を振ってキレるのは、ガルシアらしいです。
「ホッチ捜査官」っていうのもいいですね(いつもは「ホッチ」と呼ぶのに)!

 

スポンサードリンク

 

 

「ラザニア」が虚しく響く(笑)

ガルシアは、そそくさとエレベータを降ります。

 

エレベータ内に残ったルークは、去りゆくガルシアに向かって

 

ルーク:"I made lasagune."(俺は、ラザニア作ったんだ)

 

と、叫びます。

 

 

へっ?!

 

 

なんでルークがこんなこと言うのか、しばらくぽかんとなってしまいました。

 

きっと、彼は週末ラザニア作りに没頭していたんでしょうねぇ。

 

でも、叫ぶほどのことか?!

 

笑ってしまいました。

 

逃亡者ハンターがラザニア作りって、なんかピンときませんね。

 

ルークとガルシアの関係、どうなるでしょうか。

 

これからの進展が楽しみです♪

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事も読まれています。